Denodo Monitor の構成

Denodo Monitor を使い始めるには、以下の手順に従って実施してください。

  1. <DENODO_HOME>/tools/monitor ディレクトリに移動します。

  2. Windows では、 denodo-monitor.zip を解凍します。

    Linux では、 tar -xzf denodo-monitor.tar.gz を実行します。

  3. conf/ConfigurationParameters.properties ファイルを編集して構成します。

    Denodo Monitor は、通常はデフォルト構成で問題ありませんが、主なプロパティについて知りたい場合は、以下の手順の後の説明を参照してください。

  4. Denodo Monitor を起動するには、bin に移動して、Denodo Monitor のディレクトリで以下を実行します。

    • Linux では ./denodomonitor_startup.sh を実行します。

    • Windows では denodomonitor_startup.bat を実行します。

次に、 jmx.hostjmx.portjmx.user 、および jmx.password の各プロパティの値を変更します。各モニターは、これらのプロパティを読み取って、監視する必要があるサーバーの URI と資格情報を取得します。

この構成ファイルのほとんどすべてのプロパティは、説明がなくても容易に使用できるので、最も重要なプロパティについてのみ説明します。

  • jmx.user: 管理者または monitor_admin ロールを持つユーザーの名前。他のユーザーは、Virtual DataPort の JMX インターフェイスに接続できません。

  • monitors.local: ローカルのアクティブな「モニター」 (processessockets) のカンマ区切りリスト (「 ローカルモニター 」を参照)。

  • monitors.remote: 起動するモニター (vdpbrowserpoolmaintenancescheduler 、または schedulerindex) のカンマ区切りリスト。

  • { browserpool | maintenance | scheduler | schedulerindex | vdp }.monitors: 各サーバーのアクティブなリモート「モニター」を示すプロパティ。

    これらのプロパティで指定できる値は以下のとおりです。

    • threads

    • resources

    • vdpqueries (vdp の場合のみ): 「Virtual DataPort クエリモニター」を有効にします。

    • vdploadcacheprocesses (vdp の場合のみ): 「Virtual DataPort キャッシュモニター」を有効にします。

    • vdpconnections (vdp の場合のみ): 「Virtual DataPort コネクションモニター」を有効にします。

    • vdpdatasources (vdp の場合のみ): 「Virtual DataPort データソースモニター」を有効にします。

  • { processes | sockets | resources | threads }.interval: モニターによって発行される 2 つの JMX リクエスト間の秒数。

  • .jmx.password プロパティには、そのプロパティのサーバーに接続するためのパスワードが保存されます。これらのパスワードは、暗号化して保存できます。これを行うには、 .jmx.password の値を暗号化する場合は .jmx.password.encrypted プロパティの値を true に設定します。

    たとえば、デフォルトでは Virtual DataPort のパスワードは admin です。これを変更してこの構成ファイルに暗号化して保存する場合、以下の手順を実行します。

    • <DENODO_HOME>/tools/monitor/denodo-monitor/bin/encrypt_password <new password> スクリプトを実行します。

      このスクリプトの出力は暗号化されたパスワードなので、これを Denodo Monitor の構成ファイルに設定します。

      1. <DENODO_HOME>/tools/monitor/denodo-monitor/conf/ConfigurationParameters.properties ファイルを開きます。

      2. vdp.jmx.password プロパティの値を手順 1 で取得した暗号化されたパスワードに設定します。

      3. vdp.jmx.password.encrypted プロパティの値を true に設定します。

  • vdpqueries.jdbcagent.enablevdploadcacheprocesses.jdbcagent.enable: true の場合、対応するモニター (それぞれクエリモニターとキャッシュモニター) の両方または一方のみによって生成される情報がデータベースに保存されます。

    この機能を使用するには、 jdbcagent の他のプロパティのコメント指定を解除して構成します。

    このオプションを有効にして Denodo Monitor を起動する前に、以下の手順を実行する必要があります。

    1. データベース内に、キャッシュモニターとクエリモニターによって生成される情報を保存するテーブルを作成します。Denodo Monitor はデータをテーブルに挿入するだけで、テーブルの作成は行いません。

      <DENODO_HOME>/tools/monitor/denodo-monitor/sql/ ディレクトリに、さまざまなベンダー (MySQL、Oracle、SQL Server など) 向けのテーブルを作成するための SQL スクリプトがあります。使用するデータベース向けのスクリプトがない場合は、既存のスクリプトの 1 つをテンプレートとして使用できます。Denodo Monitor は単純な INSERT ステートメントを実行するだけなので、任意のデータベースを使用できます。

    2. データベースの JDBC ドライバー (jar ファイル) を <DENODO_MONITOR>/lib フォルダーにコピーします。

  • vdpqueries.snmptrapagent.enablevdploadcacheprocesses.snmptrapagent.enable: true の場合、Denodo Monitor は、SNMP トラップと、クエリモニターまたはキャッシュモニターが受信した情報を送信します。

    これを使用するには、 snmptrapagent の他のプロパティのコメント指定を解除して構成します。

  • vdp.datasources.ping: Denodo Monitor が ping 操作を実行するデータソースのカンマ区切りリスト。各データソースは、<database_name>.<data_source_type>.<data_source_name> のような参照で指定します。 data_source_type は、 jdbcodbcldapolapsapbwbapisaperp 、または salesforce のいずれかの値のみを取ることができます。

    ping は定期的に呼び出されて、そのたびに Virtual DataPort データソースモニターによって情報がログに記録されます。この間隔はパラメーター vdp.datasources.interval によって制御されます。