Denodo Monitor の起動

前のセクションで説明した構成ファイルを変更したら、 <DENODO_MONITOR_HOME>/bin ディレクトリに移動します。以下のセクションでは、このディレクトリにあるスクリプトを使用して Denodo サーバーを監視する方法について説明します。

Denodo Monitor の起動

構成したすべてのモニターを起動するには、以下の構文で denodomonitor_startup スクリプトを実行します。

監視を開始するための denodomonitor_startup スクリプトの構文
denodomonitor_startup
    [ --directory <logs_path> ]
    [ --workspace <work_path> ]
    [ --singlepass ]

以下のオプションがサポートされています。

  • -d--directory <logs_path>: ログファイルが保存されるディレクトリを構成できます。指定しない場合、ログは <DENODO_MONITOR_HOME>/logs に保存されます。

  • -w--workspace <work_path>: Denodo Monitor の同一インスタンスを異なる構成で同時に起動し、その際に実行環境ごとに異なるワークスペースを使用することができます。ワークスペースを指定すると、Denodo Monitor は <work_path>/conf ディレクトリでその構成を探します。さらに、 --directory <logs_path> オプションまたは -d <logs_path> オプションで特定の logs ディレクトリを指定していない場合、ログは <work_path>/logs ディレクトリに保存されます。ワークスペースを指定していない場合、デフォルトで <DENODO_MONITOR_HOME> ディレクトリが使用されます。

  • -s--singlepass: このパラメーターを指定した場合、Denodo Monitor は、すべての「モニター」を 1 回実行して結果をログに出力し、終了します。指定しない場合、Denodo Monitor は無期限に動作して、シャットダウンリクエストを待機します。

    注釈

    シングルパスモードでは、Virtual DataPort の各種モニターは起動されません。

Denodo Monitor の停止

制御された方法で Denodo Monitor の実行を停止するには、以下の構文で denodomonitor_shutdown スクリプトを実行します。

監視を停止するための denodomonitor_shutdown スクリプトの構文
denodomonitor_shutdown
    [ --workspace <work_path> ]

注釈

特定のワークスペースで Denodo Monitor を起動した場合、同じワークスペースを使用して停止する必要があります。

Denodo Monitor によるメモリダンプの取得

いずれかの Denodo サーバーのメモリダンプを要求するには、以下の構文で denodomonitor_startup スクリプトを実行します。

メモリダンプを要求するための denodomonitor_startup スクリプトの構文
denodomonitor_startup
    [ --heapdump <Denodo server> ]

<Denodo server> ::=
      vdp
    | browserpool
    | verification
    | scheduler
    | schedulerindex

結果は、Denodo サーバーが実行されているホストの一時ディレクトリに保存されます。