サーバーモニター

サーバーモニターは、Denodo サーバーの実行中のスレッドとメモリ使用量に関するデータをログに記録します。ローカルモニターとは異なり、Denodo Monitor とは別のホストで実行されているサーバーから情報を取得できるように、JMX 経由で Denodo サーバーに接続します。

サーバーモニターには、以下の 2 つがあります。

リソースモニター

リソースモニターは、Denodo サーバーのメモリ量のさまざまなパラメーターをログに記録します。

出力は denodo-monitor/logs/<Denodo サーバー名>-resources.log に記録されます。

以下の情報が収集されます。

  • メモリ情報: 監視対象サーバーを実行する JVM のメモリ使用量 (Perm Gen、Survivor Space、Tenured Gen、Eden Space、Code Cache、Heap Memory Usage、および Non-Heap Memory Usage)。

  • クラス情報: 現在ロードされているクラスの数 (Loaded Class Count)、ロードされているクラスの総数 (Total Loaded Class Count)、スレッドの数 (Thread Count)、およびスレッドの最大数 (Peak Thread Count)。

  • Virtual DataPort の情報 (モニターが Virtual DataPort サーバーに接続されている場合のみ)。

    • VDP Total Conn: 指定期間内に開かれたコネクションの数。

    • VDP Active Conn: 現在開かれているコネクションの数。

    • VDP Active Requests: 現在実行されているリクエストの数。

    • VDP Waiting Requests: キューに入っているリクエストの数。

    • VDP Total Mem: サーバーによって使用されている合計メモリ量の推定値。

    • VDP Max Mem: サーバーの起動以降に到達したメモリピークの推定値。

スレッドモニター

スレッドモニターは、Denodo サーバーによって起動されたスレッドと、それらが消費した CPU 時間をログに記録します。

出力は denodo-monitor/conf/<Denodo サーバー名>-threads.log に記録されます。