キャッシュに関する情報

サーバーのキャッシュエンジンに関する情報を提供する MBean には、以下の 2 つのタイプがあります。

  • DatabaseCache: データベースのキャッシュの設定に関する情報を提供します。下記の「 DatabaseCache MBean 」を参照してください。

  • ViewCache: ビューのキャッシュの設定に関する情報を提供します。下記の「 ViewCache MBean 」を参照してください。

DatabaseCache MBean

DatabaseCache MBean は、データベースのキャッシュの設定に関する情報を提供します。データベースごとに、このタイプの MBean が存在します。この MBean は com.denodo.vdb.management.mbeans > Cache > データベース名 にあり、以下の属性があります。

  • ActiveRefreshCacheProcesses: データベースのビューのキャッシュを現在更新しているプロセスの数。

  • CacheStatus: キャッシュのステータス。 ON または OFF

  • CustomDataSource: このデータベースが、サーバー全体で設定されているキャッシュ設定ではなく、固有のキャッシュ設定を使用している場合は true 、そうでない場合は false

  • DBURI: キャッシュとして使用されているデータベースの URI。

  • DatabaseName: データベースの名前。

  • DriverClassName: キャッシュデータを保存しているデータベースに接続するために使用されている JDBC ドライバーのクラス。

  • LastCacheAccessStatus: キャッシュデータベースに対する最後のアクセスが成功 (true) または失敗 (false) のどちらだったかを示します。

  • MaxRefreshCacheProcesses (編集可能な値): このデータベースのビューのキャッシュを更新するためにサーバーが起動できる同時プロセスの最大数。

  • RefreshCacheProcess<i> (複合値): ビューのキャッシュを更新するために起動されたプロセス #i に関する情報が含まれます。この MBean は、 DatabaseCache MBean の子として追加されます。表示するには、MBean ブラウザーで DatabaseCache ノードを展開します。 RefreshCacheProcess ノードが存在しない場合は、更新されたビューがまだ存在しないことを意味します。これらの MBean には、以下のプロパティがあります。

    • CacheStatus: 更新するキャッシュのモード。想定される値は以下のとおりです。

      • OFF

      • PARTIAL

      • PARTIAL EXACT

      • PARTIAL PRELOAD

      • PARTIAL EXACT PRELOAD

      • FULL

    • DatabaseName: データベースの名前。

    • Exception: データをキャッシュに挿入している間に問題が発生した場合、この属性に問題の原因が格納されます。

    • Identifier: キャッシュ更新プロセスの一意の ID。

    • NumConditions: 実行されたクエリの条件数。

    • NumOfInsertedRows: これまでにキャッシュに挿入された行の数。

      キャッシュデータベースがその「データ一括読み込み API」を使用するように構成されている場合、これは、データファイルに書き込み済みで、これからこの API でデータベースに転送される行の数を示します。データベースに挿入された行の数では ありません 。なぜなら、データベースのデータ一括読み込み API では、挿入された行数に関する情報はすべてのデータが保存されるまで提供されないからです。

    • NumOfReceivedRows: クエリによって返され、キャッシュに挿入する必要がある行の数。

      すべてのデータがキャッシュに挿入されると、この属性と NumOfInsertedRows は同じ値になります。

    • ProjectedFields: クエリによって投影されるフィールドのリスト。

    • QueryPatternId: クエリパターンの ID。

    • QueryPatternState: クエリパターンの状態。想定される値は、 PROCESSINGVALID 、または INVALID です。

    • SqlViewName: キャッシュデータが保存される、キャッシュデータソース内のテーブルの名前。

    • StartTimeEndTime: キャッシュを更新するプロセスが開始/終了した日時。

    • StartCachedResultMetadataStorageTimeEndCachedResultMetadataStorageTime: サーバーがキャッシュデータのメタデータの保存を開始/終了した日時。

    • StartDataStorageTimeEndDataStorageTime: サーバーがキャッシュへのデータの保存を開始/終了した日時。

    • StartQueryPatternStorageTimeEndQueryPatternStorageTime: サーバーがクエリパターンの保存を開始/終了した日時。

    • TTLInCache: この「キャッシュ更新プロセス」で保存されたデータの有効時間 (秒単位)。この時間に達すると、このプロセスによって挿入された内容は無効になります。

      注釈

      この値が重要なのは、 TTLStatusInCache 属性の値が CUSTOM の場合のみです。

    • TTLStatusInCache: TTLInCache 構成のステータス。以下の値のいずれかの値になります。

      • CUSTOM: ビューのキャッシュは、 TTLInCache 属性で設定されている TTL を使用しています。

      • DEFAULT: ビューは、データベースのキャッシュ設定で設定されている TTL を使用しています。

      • NOEXPIRE: キャッシュデータは期限切れになりません。

    • VDPConditionList: クエリの条件のリスト。

    • ViewId: ビューの内部名。

    • ViewName: ビューの名前。

  • TotalRefreshCacheProcesses: サーバーの起動以降に実行されたキャッシュ更新プロセスの合計数。

  • UserName: キャッシュデータを保存しているデータベースに接続するために使用されているユーザー名。

  • UserPwd: キャッシュデータを保存しているデータベースに接続するために使用されているパスワード。

この MBean には、以下の操作があります。

  • getActiveRefreshCacheProcesses( <maxActiveCacheProcesses:integer> ): このデータベースのビューのキャッシュに現在データを挿入しているプロセスに関する情報を返す操作。パラメーターで、情報を取得するプロセスの数を制限します。

ViewCache MBean

ViewCache MBean は、ビューのキャッシュに関する情報を提供します。ビューごとに、このタイプの MBean が存在します。この MBean は com.denodo.vdb.management.mbeans > Cache > データベース名 > ViewCache > ビュー名 にあり、以下の属性があります。

  • BatchSizeInCache: サーバーは、行をキャッシュにバッチで挿入します。この属性により、各バッチで挿入する行の数を制御します。

  • CacheStatus: ビューのキャッシュのステータス。想定される値は以下のとおりです。

    • OFF

    • PARTIAL

    • PARTIAL EXACT

    • PARTIAL PRELOAD

    • PARTIAL EXACT PRELOAD

    • FULL

  • DatabaseName: このビューが属するデータベースの名前。

  • LastAccess: ビューのキャッシュに対する最後のアクセス日時。

  • LastRefresh: このビューのキャッシュの内容が最後に更新された日時。

  • RefreshFailuresCount: ビューのキャッシュに新しいタプルを書き込む際に発生した失敗の数。

  • TTLInCache: ビューのキャッシュのデータの有効時間 (秒単位)。この時間に達すると、キャッシュの内容は無効とみなされます。

    注釈

    この値が重要なのは、 TTLStatusInCache 属性の値が CUSTOM の場合のみです。

  • TTLStatusInCache: TTLInCache 構成のステータス。以下の値のいずれかの値になります。

    • CUSTOM: この場合、ビューのキャッシュは、 TTLInCache 属性で設定されている TTL を使用します。

    • DEFAULT: ビューは、データベースのキャッシュ設定で設定されている TTL を使用します。

    • NOEXPIRE: キャッシュデータは期限切れになりません。

  • ViewName: ビューの名前。