アプリケーションのユーザーエージェントの設定

ユーザーエージェントは、Virtual DataPort へのコネクションの属性です。この属性は、クライアントアプリケーションで設定する必要がある文字列です。

コネクションのユーザーエージェントは、以下に示すさまざまな場面で表示されます。

  • Virtual DataPort は、各コネクションを開いたアプリケーション、リクエストを実行したアプリケーションなどの情報とともにさまざまな MBean を公開します。これらの MBean に userAgent 属性があります。

  • Denodo Monitor によって生成されるログ。

  • Administration Tool のクエリモニター ([Tools] メニュー)。

クライアントアプリケーションからユーザーエージェントを設定することが推奨されます。ユーザーエージェントを設定すると、各コネクションを開いたアプリケーションや、各アプリケーションが送信したリクエストを識別できるためです。これは、特定のクライアントが原因で発生した問題のデバッグやログのために役立ちます。

ユーザーエージェントは、以下に示すように、クライアントのタイプに応じて異なる方法で設定します。

  • JDBC クライアント: パラメーター userAgent を JDBC URL に追加します。次に例を示します。

    jdbc:vdb://localhost:9999/testing?userAgent=MyApplication
    

    または、 userAgent を、URL のパラメーターではなくドライバーのプロパティとして追加することもできます。

  • ODBC クライアント:

  • JMS クライアント: JMS メッセージで userAgent プロパティを設定します。次に例を示します。

javax.jms.TextMessage message = session.createTextMessage(QUERY);
message.setStringProperty("userAgent", "userAgentValueJMS");
  • Administration Tool: [Tools] メニュー > [Admin Tool preferences] から [Connection] ダイアログを開いて、[User agent] ボックスの値を変更します。

  • RESTful Web サービス、REST および SOAP Web サービス: リクエストの HTTP ヘッダー User-Agent の値は、これらのサービスが Virtual DataPort サーバーで実行するステートメントと一緒に渡されます。

  • Administration Tool、JDBC クライアント、および ODBC クライアント: USER_AGENT パラメーターを指定して CONNECT コマンドを実行します。