[Advanced] タブ (SOAP)

Virtual DataPort の Web サービスは、アプリケーションサーバー (通常は Denodo Platform に組み込まれた Web サービスコンテナー) にデプロイされます。Web サービスの操作は、呼び出されるたびに、Virtual DataPort サーバーにクエリを送信して、必要な結果を取得します。Web サービスとサーバーの間で確立するコネクションのパラメータ ([Chunk Size]、[Chunk Timeout]、[Query Timeout]、[Enable Pool]、[Initial Size]、および [Max. Active]) を構成できます。

これらのパラメーターについては、「 Web サービスからサーバーへのコネクション 」で説明しています。

このタブでは、以下の構成も可能です。

  • Date type mapping: date (deprecated) フィールドの公開に使用するデータ型。XML スキーマのデータ型の datedateTime のオプションがあります。XML スキーマの date 型では日、月、および年のみが考慮されるのに対し、 dateTime では時、分、秒、およびミリ秒も考慮されます。

    注釈

    この設定は、 date (deprecated) 型のフィールドにのみ影響を及ぼします。 localdate 型のフィールドは常に date を使用し、 timestamp 型と timestamptz 型のフィールドは常に dateTime を使用します。

  • Old SOAP DOCUMENT output (Web サービスのスタイルが [DOCUMENT] の場合にのみ適用): チェックされている場合、SOAP Web サービスの出力は、旧バージョンの Denodo Platform から公開されている SOAP Web サービスと下位互換性があります。

  • Ignore faults on IDU operations: 旧バージョンの Denodo Platform では、SOAP Web サービスは、挿入、削除、または更新の操作が失敗したときに SOAP フォールトを生成しません。代わりに、変更された行数が 0 であることを返します。これは外部クライアントにとって問題です。なぜなら、操作が失敗した理由を外部クライアントが判断できないからです。

    • このチェックボックスが チェックされていない 場合 (デフォルトオプション)、SOAP Web サービスは、挿入、削除、または更新の操作が失敗したときに SOAP フォールトを生成します。

    • このチェックボックスが チェックされている 場合、SOAP Web サービスは、挿入、削除、または更新の操作が失敗したときにエラーを 返しません 。その場合、変更された行数が 0 であることを返します。

Creating a SOAP Web service: Advanced tab

SOAP Web サービスの作成: [Advanced] タブ