デバッグオプション

OData サービスの応答に、デバッグに効果的なデータを追加できます。そのためには以下の手順に従います。

  1. <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/webapps/denodo-odata4-service/WEB-INF/classes/configuration.properties ファイルを編集します。

  2. debug.enabled プロパティを true に設定します。

  3. この変更を有効にするために、Virtual DataPort サーバーを再起動します。

  4. デバッグするリクエストの URL に、クエリパラメーター odata-debug=json または odata-debug=html を追加します。以下に例を示します。

    http://denodo-server.acme.com:9090/denodo-odata4-service/denodo-odata.svc/movies?odata-debug=json.

応答には、解析済みのリクエスト URI、サーバー環境、ライブラリのタイミングのほか、エラーが発生した場合に備えてスタックのトレースが追加されます。

構成ファイルで debug.enabled プロパティを true に設定していない場合、サービスではクエリパラメーター odata-debug が無視され、デバッグ情報が返されません。

URL でクエリパラメーター odata-debug を指定していない場合、debug.enabled プロパティの値に関係なく、サービスからデバッグ情報が返されません。