RESTful アーキテクチャ

ここでは、Denodo Platform のREST アーキテクチャスタイルについて説明します。

このアーキテクチャの主な機能は RESTful Web サービスであり、Virtual DataPort サーバーで作成されたビューへのアクセスを提供します。

このサービスは以下の機能を使用します。

  • ビューのプライマリキー: 「 ビューのプライマリキー 」を参照してください。

  • ビュー間のアソシエーション: 「 アソシエーション 」を参照してください。

  • ナビゲーションクエリ (SELECT_NAVIGATIONAL): ビュー間で定義したアソシエーションをたどることができます。RESTful Web サービスでは、これらのクエリを実行して、クライアントから要求されたビューを取得します。詳細については、『VQL ガイド』の「 Navigational Queries 」を参照してください。

Virtual DataPort には Denodo OData 4.0 サービスDenodo GraphQL サービス も用意されており、Virtual DataPort で作成したビューに OData (Open Data Protocol) 形式と GraphQL 形式でアクセスできます。