ステータスコード

RESTful 規則に従って RESTful Web サービスから返される HTTP ステータスコードには、特別な意味があります。

RESTful Web サービスから返される HTTP ステータスコード

コード

メッセージ

意味

200

Success

201

Created

POST リクエスト (INSERT 操作) が正常に処理されました。ソースに行が正しく挿入されています。

204

No content

GET リクエストの場合は、ビューに行が存在していません。

ビューのリソースの XML 表現と JSON 表現にのみ該当します。

IDU リクエスト (「 IDU リクエスト 」を参照) の場合は、IDU ステートメントが正常に実行されています。

400

Bad request

以下のいずれかを意味します。

  • パラメーターが正しくないか、URL の形式が正しくありません。

  • 必須パラメーターが指定されていません。

  • プライマリキーが存在しないビューにあるエレメントの URI にアクセスしようとしました。

  • POST リクエストまたは PUT リクエスト (「 IDU リクエスト 」を参照) の場合は、XML ドキュメントまたは JSON ドキュメントの形式が不適切です。

401

Not authorized

指定された資格情報が正しくありません。

403

Forbidden

アクションを実行する権限がありません。正しい資格情報が指定されていますが、このユーザーアカウントでは目的のアクションの実行が禁止されています。たとえば、ビューに行を挿入しようとしましたが、それを実行する権限がありません。

404

Not found

リソースが存在しません。たとえば、データベースが存在しない場合、ビューが存在しない場合、プライマリキーで行を参照する URL を指定しているものの、そのキーを持つ行がビューに存在しない場合が考えられます。

405

Method not allowed

そのリソースで許可されていない HTTP メソッドが指定されています。

406

Not accepted

サポートされていない表現形式がリクエストされています。

500

Internal error

実行時エラー。[Display verbose error messages] オプションのチェックをはずして、公開されている REST Web サービスにアクセスしている場合を除き、クエリの実行中にこのエラーが発生すると実行トレースも得られます。