HTTP プロキシのデフォルト構成

VDP データソースのなかには http ルートを使用してソースデータにアクセスできるものがあります。「デフォルトのプロキシ構成」を使用するデータソースでは、このウィザードの設定が使用されます。

デフォルトプロキシの設定を構成するには、[Administration ] メニューの [Server configuration] をクリックし、つづいて [HTTP proxy] をクリックします (「 HTTP Proxy Configuration 」を参照)。

このダイアログでは、プロキシの詳細情報を入力できるほか、プロキシの構成パラメーターを収めた proxy.pac ファイルの URL を指定することもできます。

プロキシパラメーターを手動で入力するには、[Proxy manual configuration] をクリックし、以下の各パラメーターの値を設定します。

  • Host: プロキシとして動作するマシンの名前。

  • Port: プロキシサーバーのポート番号。

  • Login: プロキシでの認証に使用するユーザー ID。認証を必要としないプロキシでは、空白のままにする必要があります。

  • Password: ユーザーアクセスのパスワード。認証を必要としないプロキシでは、空白のままにする必要があります。

proxy.pac ファイルの URL を指定するには、[URI for proxy automatic configuration] をクリックし、その下のボックスにファイルの URL を入力します。

HTTP パスが指定されたデータソースでは、デフォルトとは異なるプロキシ構成を設定できます。

HTTP Proxy Configuration

HTTP プロキシの構成