Denodo Security Token の認証

Virtual DataPort では、内部の Denodo Security Token を使用した認証をサポートしています。詳細については、 Denodo Security Token に関するセクションを参照してください。

Denodo Security Token の認証は、Denodo アプリケーションのシングルサインオンで使用されます。またこの認証により、Denodo Solution Manager は、他の Denodo サーバーでの特定の管理アクションを自動化できます。このオプションを有効にするには、Denodo Control Center を使用して Denodo Security Token Service への URL を設定する必要があります (詳細については、『インストールガイド』を参照してください)。

Denodo Security Token の認証を有効にするには、[Administration] メニュー > [Server configuration] > [Server authentication] をクリックします。次に [Denodo Security Token Authentication] をクリックします。

Enable of Denodo Security Token authentication

Denodo Security Token の認証の有効化