Kerberos 認証

Virtual DataPort では、Kerberos 認証プロトコルを使用してクライアントを認証できます。Kerberos 認証プロトコルは、Microsoft Windows ネットワーク (つまり Microsoft Active Directory を使用するネットワーク) で使用されるデフォルトの認証方法です。Kerberos を有効にするメリットは以下のとおりです。

  • シングルサインオン: Virtual DataPort のクライアントはユーザー資格情報を提供する必要がありません。たとえば、Administration Tool を起動するとき、ユーザーは資格情報の入力も JDBC クライアントへの接続も不要です。

  • ユーザーの認証は Active Directory に委任されます。これにより、Virtual DataPort ですべてのユーザーを作成し、そのパスワードを管理するのと比べて、ユーザーとその権限の管理が簡単になります。

ユーザーの認証を Active Directory に委任しても、シングルサインオンは使用したくない場合は、Kerberos よりセットアップが簡単な LDAP 認証を使用するデータベースを作成します。Kerberos を有効にするには、Active Directory での新規ユーザーの作成、サービスプリンシパル名の作成、keytab ファイルの作成などを行う必要があります。一方 LDAP 認証を使用するデータベースを作成する場合、構成の変更は一切不要です。

LDAP 認証 」では、LDAP 認証を有効にする方法を説明します。


Virtual DataPort で Kerberos を有効にした場合、以下のユーザーは引き続き通常の認証方法を使用して接続できます。

  • Virtual DataPort にローカルに作成されたユーザー

  • LDAP 認証を使用してデータベースに接続し、LDAP ディレクトリの資格情報を使用するユーザー

Kerberos を構成する前に、『インストールガイド』の「 Kerberos 認証の設定 」のセクションで説明しているインストール後のタスクを実行する必要があります。次に、Administration Tool から以下の操作を実行します。

  1. ユーザーのロールの作成: 「 Virtual DataPort ユーザーのロールの作成 」のセクションを参照

  2. LDAP データソースの作成: 「 LDAP データソースの作成 」のセクションを参照

  3. Kerberos 認証の設定: 「 Virtual DataPort サーバーでの Kerberos 認証の設定 」のセクションを参照

  4. Kerberos 認証を使用するように Administration Tool を構成: 「 Kerberos 認証を使用するように Administration Tool を構成する 」のセクションを参照