サーバー接続性

Virtual DataPort サーバーの接続設定を変更するには、[Administration] メニューの [Server configuration] をクリックし、[Server connectivity] タブをクリックします (「 Server connectivity 」を参照)。

このダイアログでは、以下を設定できます。

  • Virtual DataPort によって使用されるポート:

    • Server port number: Administration Tool、Design Studio、Denodo JDBC ドライバー、および Denodo Web コンテナーの着信接続をリッスンするポートです。

    • Monitoring port numberAuxiliary port number: 監視アプリケーション (JMX アプリケーション) の着信接続をリッスンするポート。Denodo Platform の次のアプリケーションがこれらの 2 つのポートに接続します。

      • Denodo Diagnostic & Monitoring Tool

      • Denodo Monitor

      • Solution Manager のモニタリング機能

      これらのアプリケーションは両方のポートに接続するため、両方のポートがアクセス可能でなければなりません。

    • ODBC port number: ODBC 着信接続をリッスンするポートです。

  • Denodo Platform に埋め込まれた Web コンテナーのポート番号。

重要

Virtual DataPort が Linux で動作しているときは、接続をリッスンするインターフェイスを変更する必要があります。それには Denodo Control Center を起動し、[Configuration] ダイアログを開いて、[JVM Options] の [RMI Host] を変更します。詳細については、『インストールガイド』の「 Denodo Platform の構成 」のセクションを参照してください。

変更が必要な理由は、Virtual DataPort はデフォルトで localhost ネットワークインターフェイス上の接続をリッスンしますが、Linux ではこのインターフェースはリモートホストからの接続を許可しないからです。

注釈

クライアントと Virtual DataPort 間の接続がファイアウォール経由で確立されている場合、接続するアプリケーションの種類に応じて、ファイアウォールで必要なポートを開きます。

Server connectivity

サーバー接続性

Virtual DataPort を再起動して、ポート内の変更を適用します。