Design Studio の起動

Solution Manager とともにインストールされる Design Studio は、 Solution Manager Administration Tool を起動すると自動的に起動します。

Denodo Platform の Design Studio は、以下の 2 通りの方法で起動できます。

  1. Denodo Platform Control Center を使用する。

    1. Control Center を起動するには、 <DENODO_HOME>/bin/denodo_platform を実行します。

    2. 左側のパネルで [Virtual DataPort] をクリックします。

    3. [Start] ([Web Design Studio] の横) をクリックします。

  2. スクリプトを使用する。

    Linux の場合は、 <DENODO_HOME>/bin/designstudio_startup.sh を実行します。

    Windows の場合は、 <DENODO_HOME>/bin/designstudio_startup.bat を実行します。

Design Studio を停止するには、Control Center で [Stop] をクリックするか、スクリプト <DENODO_HOME>/bin/designstudio_shutdown を実行するか、Windows サービスを停止します。

Design Studio は、Solution Manager と Denodo Platform の両方に付属していますが、Solution Manager の Design Studio (https://solution-manager.acme.com:19443/denodo-design-studio/) を使用することをお勧めします。Solution Manager は、Design Studio だけでなく、すべての Denodo コンポーネントへのシングルアクセスポイントを提供しているからです。さらに、ユーザーは、Kerberos だけでなく、OAuth や SAML などのさまざまな認証方法を使用して Design Studio にログインできるようになります。

  • Solution Manager の Design Studio:

    https://denodo-solution-manager.acme.com:19443/denodo-design-studio/
    
  • Denodo Platform の Design Studio:

    https://denodo-server.acme.com:9443/denodo-design-studio/
    

Design Studio から Virtual DataPort に接続する場合、URI でのデータベースの指定は任意です (たとえば、「//denodo-server.acme.com:9999」)。データベースを指定しないと、CONNECT 権限を持つ最初のデータベースに接続されます。