ストアドプロシージャの実行

ストアドプロシージャを実行するには、そのストアドプロシージャのスキーマを表示するダイアログで [Execute] (image1) をクリックします。

Execution of the Stored Procedure CalculateAvgRevenue 」のようなダイアログが表示されます。ここで、入力値を入力する必要があります。その後、[OK] をクリックしてプロシージャを実行します。プロシージャの実行は、[Stop] をクリックすることによって停止できます。

下の 図の画面では、プロシージャ CalculateAvgRevenue の入力パラメーターの値が指定されています。このサンプルプロシージャは、レジスターの配列型のパラメーター taxid_list を入力として受け取ります。各レジスターには、 taxid_list (顧客の納税者 ID) というフィールドがあります。

この例では、 B78596011B78596012 を値として持つ 2 つのレジスターを作成します。

Execution of the Stored Procedure CalculateAvgRevenue

ストアドプロシージャ CalculateAvgRevenue の実行

Result of the execution of the stored procedure CalculateAvgRevenue

ストアドプロシージャ CalculateAvgRevenue の実行結果

注釈

現在、[Stored procedure parameters] ダイアログは Design Studio では使用できませんが、今後の更新で現在のオプションを拡張して段階的に追加する予定です。なお、パラメーターは、値のセクションで 下の図 のように指定する必要があります。この構文の詳細については、『VQL ガイド』の「 複合値を使用した条件 」のセクションを参照してください。

Execution of the Stored Procedure CalculateAvgRevenue using the Design Studio

Design Studio を使用したストアドプロシージャ CalculateAvgRevenue の実行

ストアドプロシージャは、VQL シェルから CALL ステートメントを使用して呼び出すこともできます (『VQL ガイド』の「 ストアドプロシージャの使用方法 」のセクションを参照)。