一意性検出の有効化

Git を使用している場合、このセクションは無視してください。これは、Subversion にのみ関連します。

この機能を有効にする必要があるのは、次の条件がすべて当てはまる場合のみです。

  • Virtual DataPort サーバーが Linux 上で実行されている。

  • Subversion を使用することになっている。

これらの条件が当てはまらない場合、一意性検出はすでに有効になっています。つまり、一意性検出は、Virtual DataPort を Windows で実行しているか、VCS システムが TFS の場合、デフォルトで有効になっています。

一意性検出は、Virtual DataPort を Windows で実行しているか、VCS システムが TFS の場合、デフォルトですでに有効になっています。

一意性検出を有効にするには、以下の手順に従って実施してください。

  1. [VQL Shell] を開きます ([Tools] メニュー)。

  2. 以下のコマンドを実行します。

SET 'com.denodo.vdb.vdbinterface.server.vcs.VCSConfigurationManager.uniquenessConflictsDetection.svn'
    = '3'
com.denodo.vdb.vdbinterface.server.vcs.VCSConfigurationManager.uniquenessConflictsDetection.svn プロパティの値には、次のいずれかを指定します。
  • 0: 一意性検出を無効にします。

  • 1: Virtual DataPort を Windows で実行している場合に、一意性検出を有効にします。

  • 2: Virtual DataPort を Linux で実行している場合に、一意性検出を有効にします。

  • 3: オペレーティングシステムに関係なく、一意性検出を有効にします。

  1. HTTP または HTTPs プロトコルを使用して Subversion に接続する場合は、LS 最適化を有効にします。この最適化機能の詳細およびこの機能を有効にする方法については、「 Subversion 用の LS 最適化 」を参照してください。

  2. Virtual DataPort サーバーを再起動します。