Virtual DataPort サーバーの構成

VCS 統合の使用を開始するには、Virtual DataPort サーバーの VCS 設定を構成します。これを行うには、[Administration] メニューの [VCS management] をクリックして、[Configuration] をクリックします。

VCS configuration screen

VCS の構成画面

以下のパラメーターを構成します。

  • Use version control: バージョン管理システムのサポートを有効にする場合にチェックします。

    これをチェックした後、VCS 統合を使用するデータベースでもバージョン管理システムのサポートを有効にする必要があります (「 環境管理 」を参照)。デフォルトでは、すべてのデータベースで無効になっています。

  • Environment: 選択されている環境が表示されます。VCS 統合を初めて構成する場合、いずれの環境も選択されていません。

  • Version control system: デフォルトのバージョン管理システム。

  • URL: バージョン管理リポジトリのルートへのパス。

    • GIT の例: https://git.acme.com/product/project1.git

    • Subversion の例: svn://acme/denodorepo/trunk

    • Microsoft TFS の場合: http://<server>:<port>/tfs/<collection>/<project>[[/<folder>]*/<branch>]

      たとえば、 http://acme:8080/tfs/collection1/project1/folderA/branch1

      この TFS URL には、次の 2 つの異なる部分が含まれています。

      • http://acme:8080/tfs/collection1 は、TFS サーバーの URL です。

      • project1/folderA/branch1 は、該当する「作業フォルダー」の取得に使用されます (「作業フォルダー」は、Subversion の「作業コピー」の概念に相当する TFS の概念)。

      必須ではありませんが、この URL に <branch> を追加することをお勧めします。最初からブランチの使用を開始しておけば、今後の開発ブランチの追加が簡単になるからです。

  • Use default branch (Git の場合のみ): チェックされている場合、Virtual DataPort における VCS システムの「デフォルトのブランチ」が、対象のリポジトリのデフォルトのブランチになります。このチェックをはずした場合は、デフォルトで使用するブランチを入力します (このブランチはリポジトリに存在する必要がある)。

    VCS システムでは、この「デフォルトのブランチ」は次の 2 つの場合に使用されます。

    1. Git リポジトリから新しいデータベースをインポート する場合。VCS システムによって、このブランチに保存されている Denodo データベースのリストが表示されます。データベースをインポートした後は、そのブランチの変更が可能になります。

    2. 既存のデータベース (つまり、対象のサーバーにすでに存在しているが、Git リポジトリと同期されていないデータベース) で VCS を有効にする場合。データベースで VCS を有効にするためのダイアログには、そのデータベースに関連付けられている Git ブランチを入力するためのフィールドがあります。このフィールドの値は、デフォルトのブランチですが、変更することが可能です。

  • Use user and password: このチェックをはずした場合、Virtual DataPort サーバーでは、ホストのオペレーティングシステムに構成されている認証メソッドが使用されます。

    Microsoft TFS を使用している場合、このチェックボックスのチェックをはずすと、Virtual DataPort では TFS サーバーへの接続に Windows 認証が使用されます。このため、Virtual DataPort を起動した Windows ユーザーには、必要な権限が付与されていなければなりません。

  • User: 指定されたリポジトリにアクセスするユーザー。

    TFS を使用している場合、ユーザー名を <domain>\<user> の形式で入力する必要があります。

  • Password: 設定されているユーザーのパスワード。

  • Local repositories home: Virtual DataPort サーバーが、VCS が有効になっているデータベースのローカルリポジトリを作成するディレクトリ。

    警告

    Microsoft TFS を使用する場合はこれを変更してください。Microsoft TFS ではファイルパスに最大文字数の制限があるため、このパスを可能な限り短いパスに変更することを強くお勧めします。

    例: /tfs_rpo/C:/tfs_repo 。GIT または Subversion を使用する場合はこれを変更する必要はありません。

警告

VCS 統合を有効または無効にした後、あるいは VCS サーバーの「URL」を変更した後は、すべての VCS メタデータが失われます。つまり、バージョン設定するデータベースのエレメントをすべてもう一度チェックインすることが必要になります。

GIT にこのサポートを使用する場合、プル操作はフェッチとその後のリベースによって実行されます。