サーバー構成

Virtual DataPort サーバーの構成

[Servers Configuration] タブでは、ログインダイアログに表示される Virtual DataPort サーバーを構成します。

サーバーの追加や変更を行う場合、その URL にデータベースが含まれている必要があります。このデータベースはユーザーの認可に使用されます。

このセクションから、サーバーを追加、編集、および削除できます。

Servers Configuration: adding a new server

サーバー構成: 新規サーバーの追加

注釈

保存されたクエリ は、ユーザーおよび Virtual DataPort サーバーごとに保存されます。Virtual DataPort サーバーは内部 ID によって識別されるため、サーバーを編集しても、そのサーバーに関連付けられたクエリはそのまま維持されますが、サーバーを削除するとクエリも削除されます。

Virtual DataPort サーバーへの接続設定の構成

Virtual DataPort サーバーに対してクエリを実行するために作成される、以下のグローバル接続パラメーターを構成することもできます。

  • Query timeout: クエリがステートメントの完了を待つ最大時間 (ミリ秒)。指定されていない場合 (または値 0 を受け取った場合)、クエリは実行が完了するまで待機します (デフォルトは 900000)。

  • Chunk timeout: クエリが新しい結果のチャンクの到着を待つ最大時間 (ミリ秒)。この時間を超過すると、Virtual DataPort はその時点までに抽出された結果を返します。この値が指定されていない場合 (または値 0 を受け取った場合)、Virtual DataPort はステートメントの実行終了時にすべての結果をまとめて返します (デフォルトは 90000)。

  • Chunk size: 結果のチャンクを構成する結果の数。Virtual DataPort ツールは、結果をこの数だけ取得すると、 チャンクのタイムアウト に達していなくても Data Catalog に結果を返します (デフォルトは 1000)。

Servers Configuration: connection settings to the Virtual DataPort servers

サーバー構成: Virtual DataPort サーバーへの接続設定

Data Catalog での外部データベースの使用

Denodo Platform の Data Catalog には、組み込みのデータベース (Apache Derby) が付属しています。Data Catalog は、設定とメタデータ (Data Catalog のユーザーが設定したビュー、プロパティなどの説明) をこのデータベースに保存します。

メタデータを外部データベースに保存するように Data Catalog を構成することもできます。Data Catalog サーバーのクラスターをセットアップする場合には、これが必要となります。

この機能は、以下のデータベースでサポートしています。

  • MySQL 5.6 および 5.7: MySQL を使用する場合、MySQL (または使用する MySQL 内のデータベース) を「Default Charset = utf8」オプションと「Collation = utf8_unicode_ci」オプションで構成してください。

  • Oracle 12c

  • PostgreSQL 9.5

  • SQL Server 2014

  • MySQL 5.7 用および PostgreSQL 9.5 用の Amazon Aurora


Data Catalog のメタデータを外部データベースに保存するには、以下の手順に従って実施してください。

  1. ターゲットデータベースで、カタログ、または Data Catalog のメタデータのスキーマを作成します。既存のスキーマを使うこともできますが、スキーマを作成し、テーブルを他のアプリケーションのテーブルから分離することをお勧めします。

    このスキーマには 5 GB の容量を確保することをお勧めします。ほとんどの場合、これほどの容量は不要ですが、データベースで容量不足の問題が発生しないように、大きな値を設定することをお勧めします。

  2. このデータベースの JDBC ドライバーをディレクトリ <DENODO_HOME>/lib/data-catalog-extensions にコピーします。

    Oracle 12 を使用する場合は、 <DENODO_HOME>/lib/extensions/jdbc-drivers/oracle-12c にある ojdbc6.jar ファイルと orai18n.jar ファイルのみを <DENODO_HOME>/lib/data-catalog-extensions にコピーします。

    <DENODO_HOME>/lib/extensions/jdbc-drivers/ には、他のデータベースの JDBC が存在する場合があります。

  3. Data Catalog に管理者アカウントでログインして、メタデータを エクスポート します。これは、Data Catalog のメタデータが現在のデータベースから新しいデータベースに自動的に転送されないため、必要となります。新規インストールであり、この Data Catalog に他の変更を加えていない場合には、この手順を省略できます。

  4. Denodo Platform のすべてのコンポーネントを停止します。次に、 <DENODO_HOME>/bin/webcontainer_shutdown を実行して Web コンテナーが停止していることを確認します。

  5. Data Catalog と Denodo Platform の他のコンポーネントを開始します。

  6. Data Catalog に管理者アカウントでログインし、[Administration] > [Set-Up] をクリックします。

    Servers Configuration: configure the internal database

    サーバー構成: 内部データベースの構成

    [Configure the internal database used by the Data Catalog] のセクションで、以下の情報を入力します。

    • 使用するデータベースを選びます。

    • Driver Class: 通常はデフォルト値が適切です。使用する JDBC ドライバーの Java クラスの名前です。

    • URI: データベースへのコネクション URI です。

    • UsernamePassword (オプション): 外部データベースのアカウントの資格情報です。

    Data Catalog は、クエリの高速化のため、このデータベースへのコネクションプールを作成します。このプールには、以下の設定が影響を与えます。

    • Max Active Connections (オプション): プールのアクティブなコネクションの最大数 (ゼロは無制限を意味します)。

    • Max Idle Connections (オプション): アイドル状態のままにしておくことができるプール内のアクティブなコネクションの最大数 (ゼロは無制限を意味します)。

    • Max Wait Time (milliseconds) (オプション): プールのコネクションを使い切った場合にコネクションを待つ最長時間をミリ秒単位で表したもの (-1 は無制限を意味します)。

    • Ping Query (オプション): プールから取得したコネクションが利用可能かどうかを確認するためにプールが使用する SQL クエリです。Oracle の場合、SELECT COUNT(*) FROM SYS.DUAL を入力します。できる限り、シンプルなクエリにしてください。ほとんどのデータベースベンダーのドキュメントでは ping クエリが推奨されています。

    注釈

    選択したデータベースが Derby Embedded の場合、[Driver Class]、[URI]、[Username]、および [Password] のフィールドは編集できません。

  7. [Save] をクリックします。このフォームの保存時に、Data Catalog はこのデータベースにアクセスできるかどうかと、必要なテーブルが存在するかを確認します。必要なテーブルが存在していない場合は、作成するように求められます。

    [Yes] をクリックした場合、Data Catalog によってテーブルが作成されます。[No] をクリックした場合、手動で作成する必要があります。その場合、ディレクトリ <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/webapps/denodo-data-catalog/WEB-INF/classes にある SQL スクリプトを使用します。このユーザーアカウントに、このデータベースにテーブルを作成する権限を付与しない場合、このスクリプトを使用する必要があります。

    Data Catalog サーバーのクラスターをセットアップする場合、各サーバーはメタデータを同じデータベースに保存します。この場合、テーブルはそのデータベースに一度だけ作成する必要があります。

  8. Data Catalog を再起動して変更を適用します。

  9. 手順 3 でエクスポートしたメタデータを インポート します。