カテゴリ

企業のデータインフラストラクチャでは、大量のビューと Web サービスを扱う場合があります。Data Catalog を使用すれば、 カテゴリ によってすべてのエレメントを整理することで、必要なデータに応じた適切なエレメントが簡単に見つかるようになります。カテゴリとは、何らかの基準に従って相互に関連付けられたビューと Web サービスのグループを指します。また、カテゴリ内にサブカテゴリを作成し、より具体的な分類を行うことが可能です。

カテゴリによるビューと Web サービスの参照を開始するには、[参照] > [カテゴリ] に移動します。サイドバーにはカテゴリの階層構造が表示され、カテゴリを展開することでそのサブカテゴリを確認できます。また、カテゴリをクリックすると、その詳細が表示されます。

Browsing by categories

カテゴリによる参照

[サマリ] タブには説明と親カテゴリの名前が表示されます。また、[ビュー] タブと [Web サービス] タブからは、カテゴリに属するすべてのエレメントを確認できます。

ユーザーが適切な権限を持つ場合、この情報を編集することが可能です。各フィールドの横にある edit アイコンをクリックすると値を更新できます。また、[カテゴリの割り当て] ボタンをクリックすると、カテゴリに属するビューと Web サービスの変更を行う 新しいページ にアクセスできます。

なお、サイドバーに表示されるカテゴリはフィルタリングが可能です。タイトル [カテゴリのフィルタリング] の下にある検索バーに検索語を入力して、Enter キーを押してください (または、 search アイコンをクリックします)。

注釈

カテゴリによる参照を行う際に、Data Catalog はメタデータに保存されたエレメントを表示します。Data Catalog と最後に同期してから Virtual DataPort で変更が生じている場合、その変更は反映されません。