DSN レスコネクションの作成

一部の ODBC ツールは、データソース名 (DSN) を使用しない ODBC サーバーへの接続をサポートしています。これは DSN レスコネクションと呼ばれています。

ここでは、Virtual DataPort への DSN レスコネクションを作成するために使用する必要があるパラメーターを示します。

64 ビットクライアントからの DSN レスコネクション
DRIVER={DenodoODBC Unicode(x64)};UID=<user account>;PWD=<password of the user>;SERVER=<host name>;DATABASE=<database name>;PORT=9996;SSLmode=prefer;service=;krbsrvname=HTTP;UserAgent=<user agent>;ReadOnly=0;Protocol=7.4-1;FakeOidIndex=0;ShowOidColumn=0;RowVersioning=0;ShowSystemTables=0;ConnSettings=set+i18n+to+us%5fpst%3b;Fetch=100;Socket=4096;UnknownSizes=0;MaxVarcharSize=255;MaxLongVarcharSize=8190;Debug=0;CommLog=0;Optimizer=0;Ksqo=0;UseDeclareFetch=1;TextAsLongVarchar=1;UnknownsAsLongVarchar=0;BoolsAsChar=0;Parse=0;CancelAsFreeStmt=0;ExtraSysTablePrefixes=dd_;LFConversion=1;UpdatableCursors=0;DisallowPremature=0;TrueIsMinus1=0;BI=0;ByteaAsLongVarBinary=0;UseServerSidePrepare=0;LowerCaseIdentifier=0;PreferLibpq=1;GssAuthUseGSS=0;XaOpt=3
32 ビットクライアントからの DSN レスコネクション
DRIVER={DenodoODBC Unicode};UID=<user account>;PWD=<password of the user>;SERVER=<host name>;DATABASE=<database name>;PORT=9996;PWD=;SSLmode=prefer;service=;krbsrvname=HTTP;UserAgent=<user agent>;ReadOnly=0;Protocol=7.4-1;FakeOidIndex=0;ShowOidColumn=0;RowVersioning=0;ShowSystemTables=0;ConnSettings=set+i18n+to+us%5fpst%3b;Fetch=100;Socket=4096;UnknownSizes=0;MaxVarcharSize=255;MaxLongVarcharSize=8190;Debug=0;CommLog=0;Optimizer=0;Ksqo=0;UseDeclareFetch=1;TextAsLongVarchar=1;UnknownsAsLongVarchar=0;BoolsAsChar=0;Parse=0;CancelAsFreeStmt=0;ExtraSysTablePrefixes=dd_;LFConversion=1;UpdatableCursors=0;DisallowPremature=0;TrueIsMinus1=0;BI=0;ByteaAsLongVarBinary=0;UseServerSidePrepare=0;LowerCaseIdentifier=0;PreferLibpq=1;GssAuthUseGSS=0;XaOpt=3

上記の例について説明します。

  • 上記の例を使用するには、 <user account><password of the user><host name> <database name> 、および <user agent> を置き換えます。デフォルトの ODBC ポートを変更した場合、9996 を Virtual DataPort の実際の ODBC ポートに置き換えます。

  • プロパティ DRIVER の値は、コネクションを 32 ビットクライアントまたは 64 ビットクライアントのいずれで作成するかに応じて、それぞれ {DenodoODBC Unicode} または {DenodoODBC Unicode(x64)} にする必要があります。

  • Kerberos 認証を使用するには、以下の手順に従います。

    1. パラメーター UIDPWD を削除します。

    2. SERVER プロパティの値は、Denodo サーバーの完全修飾ドメイン名である必要があります。つまり、Denodo サーバーの Kerberos 構成の [Server principal] フィールドが HTTP/denodo-prod.subnet1.contoso.com@CONTOSO.COM の場合、「 denodo-prod.subnet1.contoso.com 」と入力します。

    3. 接続しているデータベースの設定で 、Kerberos 認証を有効にする必要があります。

注釈

パラメーター名、等号記号、値、セミコロンなどの間にはスペースを挿入しないでください。