ODBC インターフェイスの詳細

ここでは、Denodo の ODBC インターフェイスに固有の情報について説明します。

ODBC インターフェイスが日時型と時間間隔型をレポートする方法

Denodo の ODBC インターフェイスは、PostgreSQL と同じプロトコルに準拠しています。

次の表に、Denodo のデータ型が PostgreSQL のデータ型にどのようにマップされるかを示します。

Denodo の型名

PostgreSQL の型名

PostgreSQL の型コード

localdate

date

1082

time

time

1083

timestamp

timestamp

1114

date (非推奨)

timestamptz

1184

timestamptz

timestamptz

1184

interval_year_month

interval

1186

interval_day_second

interval

1186

date 型および timestamptz 型は同じ型 (TIMESTAMP WITH TIMEZONE) でレポートされるため、クライアントアプリケーションはこれらを区別できません。このようにすることで、Denodo 6.0 以前のバージョンからのアップグレードが容易になります。クライアントアプリケーションはこれらの型を区別する必要はなく、どちらも timestamptz として扱います。