テキスト値の最大長

アプリケーションが Virtual DataPort の ODBC インターフェイスを介してクエリを実行する場合、このインターフェイスはクエリの結果セットの各フィールドに関するメタデータを提供します。 text 型のフィールドの場合、他のデータに加えてこのフィールドの値の最大長をレポートします。

text フィールドの「型サイズ」が「ソース型プロパティ」で定義されている場合、ODBC インターフェイスはこの値をレポートします。型サイズが定義されていない場合、ODBC インターフェイスはこのフィールドの値の最大サイズが不明であることをレポートします。ここでは、DSN の構成で [Unknown sizes] オプションを [Maximum] に設定したため (DSN 設定の [Page 1] ダイアログ)、DSN は、フィールドの最大長が DSN の [Max Varchar] プロパティに指定されている値であることをレポートします。

「型サイズ」が定義されていないフィールドの text 値の長さが [Max Varchar] より長い場合、クエリを実行するアプリケーションは以下のいずれかの処理を行うことができます。

  • 値をそのままにする

  • 値を [Max Varchar] のサイズまで切り捨てる

  • 値を NULL に設定する

この動作は、アプリケーションによって異なります。

Virtual DataPort ビューの「ソース型プロパティ」を設定する方法については、管理ガイドの「 基本ビューのスキーマの表示 」を参照してください。