LIST コマンドの出力スキーマ

ここでは、JDBC クライアントまたは ODBC クライアントから実行した場合の LIST コマンドの出力を示します。

注釈

Administration Tool の「VQL シェル」からこれらのコマンドを実行した場合、返される情報はデバッグ目的でのみ使用する必要があり、将来変更される可能性があります。

以下のコマンドを除くすべての LIST コマンド (LIST WRAPPERSLIST DATASOURCES など) の出力スキーマには、 name という 1 つの列のみがあります。

  • LIST JARS: JAR_NAMEFUNCTIONS_TYPEFUNCTIONS の列を返します。jar にカスタム関数が含まれていない場合、 FUNCTIONS_TYPE および FUNCTIONS の列の値は NULL です。そうでない場合、出力には jar の関数のタイプごとに 1 つの行が含まれます。

    • FUNCTIONS_TYPE: 関数のタイプ (CONDITION または AGGREGATE) を示します。

    • FUNCTIONS: jar に含まれている関数の名前。

  • LIST FUNCTIONS CUSTOM: NAMETYPE 、および SYNTAX の列が含まれています。このコマンドは、各関数のシグネチャごとに 1 つの行を返します。 TYPE 列は、関数が集計関数または条件関数のいずれであるかを示します。