カスタム入力フィルターの開発

DF、JSON、または XML のデータソースを作成する場合、ソースから取得したデータを実行エンジンが処理する前に前処理する入力フィルターを選択できます。Virtual DataPort は既製の入力フィルターをいくつか提供しているだけでなく、任意の方法でデータを前処理するフィルターの開発が可能な Java API も提供しています。

Virtual DataPort には、ソースからデータを読み取り、ある文字を別の文字に置換するサンプルカスタムフィルターが同梱されています。このサンプルは <DENODO_HOME>/samples/vdp/customConnectionFilter フォルダーにあります。このディレクトリ内の README ファイルでは、このカスタムフィルターのコンパイル、インストール、および使用方法について説明しています。

カスタムフィルターを開発して Virtual DataPort にインポートした後は、Denodo ナレッジベースの記事「 How to debug Denodo custom extensions with Eclipse 」を読んでデバッグ方法について確認してください。