カスタムラッパーの構成

カスタムラッパーは、 getConfiguration メソッドで構成することができます。このメソッドでは、以下の構成パラメーターをカプセル化する CustomWrapperConfiguration クラスのインスタンスを返す必要があります。

  • delegateProjections (デフォルトは true): 投影フィールドがクエリ対象であるときにカスタムラッパーがそのフィールドを処理できるかどうかを定義します。

  • delegateOrConditions (デフォルトは false): カスタムラッパーが SQL の OR 条件 (WHERE F1 = 1 OR F1 = 2 など) を処理できるかどうかを定義します。

  • delegateNotConditions (デフォルトは false): カスタムラッパーが SQL の NOT 条件 (WHERE NOT (F1 = 1) など) を処理できるかどうか定義します。

  • delegateArrayLiterals (デフォルトは false): カスタムラッパーが、配列を含む条件 (MY_INT_ARRAY = { ROW( 1 ), ROW( 2 ) } など) を処理できるかどうか定義します。

  • delegateRegisterLiterals (デフォルトは false): カスタムラッパーが、レジスターを含む条件 (MY_REGISTER = ROW( 1, 'A' ) など) を処理できるかどうかを定義します。

  • delegateLeftLiterals (デフォルトは false): カスタムラッパーが、左辺がリテラルである条件 (100 = FIELD など) を処理できるかどうかを定義します。

  • delegateRightFields (デフォルトは false): カスタムラッパーが、右辺がフィールドである条件 (FIELD1 = FIELD2 など) を処理できるかどうかを定義します。

  • delegateRightLiterals (デフォルトは true): カスタムラッパーが、右辺がリテラルである条件 (FIELD1 = 100 など) を処理できるかどうかを定義します。

  • delegateOrderBy (デフォルトは false): カスタムラッパーが ORDER BY 式を処理できるかどうかを定義します。

  • allowedOperators (デフォルトは、演算子 = を含む配列): カスタムラッパーに渡される条件でサポートされる演算子を定義します。

    指定可能なすべての演算子のリストについては、 CustomWrapperConfiguration クラスの setAllowedOperators(...) メソッドの Javadoc に記載されています。

これらすべてのプロパティの値は、適切な getter と setter を使用して取得および定義できます。