序文

適用範囲

Denodo Virtual DataPort を使用すると、アプリケーションから、分散されたさまざまな異種混合データソースの統合ビューにアクセスできます。本書では、クライアントアプリケーションで Denodo Virtual DataPort を使用するために利用可能なメカニズムの概要について説明します。また、個々のクライアントアプリケーションの開発に必要な情報も提供します。

対象読者

本書は、クライアントアプリケーションから Virtual DataPort にアクセスする方法を求めている開発者を対象としています。システムのインストール方法および管理方法は他のマニュアルで詳しく説明しており、必要に応じてその参照先を記載しています。

概要

本書の具体的な内容は、次のとおりです。

  • Denodo JDBC ドライバーを使用して Java アプリケーションから Virtual DataPort サーバーにアクセスする方法

  • ODBC アプリケーションから Virtual DataPort サーバーにアクセスする方法

  • Virtual DataPort サーバーで VQL ステートメントを実行するための Web サービスベースの汎用 API

  • Virtual DataPort が提供する API を使用してカスタム拡張機能 (ストアドプロシージャ、新しいソースに対するラッパー、関数、セキュリティポリシー、フィルター) を開発する方法