構成 - 全般

[General] タブには、Diagnostic & Monitoring Tool のあらゆるテーブルとグラフに影響する設定がすべて表示されます。

General tab of the configuration

構成の [General] タブ

[General Settings] セクションのオプションは次のとおりです。

  • Graphs polling interval: 監視グラフで新しいデータをポーリングする際のポーリング間の秒数。

  • Max visualization time interval: 監視グラフの「最大視覚化時間間隔」オプションのデフォルト値。グラフに表示する時間の範囲の最大経過分数を指定します。

  • Graphs height: グラフの高さ (ピクセル単位)。

  • Collapse menu on new tab: 選択した場合、作業領域で新しいタブを開くたびに、横方向のメニューがツリー領域とともに折りたたまれます。

  • Default tables size: テーブルに表示する最大行数。改ページのあるテーブルの [Count] パラメーター、または履歴データを保持するテーブルの [Max Rows] パラメーターのデフォルト値を設定します。

  • Tables max height: テーブルの最大の高さ (ピクセル単位)。

  • Auto refresh tables: 選択すると、デフォルトで監視テーブルの内容が自動更新されます。

  • Tables refresh interval: 監視テーブルの [Refresh interval] オプションのデフォルト値。テーブルの更新頻度を設定します。

新しい診断の読み込みプロセスは、ログのサイズによっては長時間かかる可能性があります。[Diagnostic Loading Settings] の [Timeout] は、診断の作成が失敗したと見なされるまでの最大時間をミリ秒単位で設定します。