診断間隔の定義

診断間隔を定義すると、すべてのログ内の情報を特定の時間範囲によってフィルターできます。その期間の間に関連があった診断情報のみが表示されます。

診断間隔の定義方法は 2 通りあります。

  1. ツリー領域で、既存の診断ノード diagnostic を右クリックし、[Create Diagnostic Interval...] をクリックします。下図のダイアログが表示されます。事前定義された間隔を選択するか、または間隔を定義する日付を入力して、[Create] をクリックします。事前定義された間隔は、ログ内で見つかった Virtual DataPort サーバーの起動日から作成されます。

Dialog to create a new diagnostic interval

診断間隔を新規作成するためのダイアログ

  1. 開いている診断または診断間隔のどのグラフでも、特定の領域をマウスでドラッグして領域を選択し、その領域を拡大表示できます。その領域内で新しい診断間隔を作成するには、グラフのヘッダーで create-diagnostic-interval アイコンをクリックして、確認ダイアログで確定します。

A graph in diagnostic with a selected region

選択された領域の診断のグラフ

ツリー領域の該当する診断の下に新しい診断間隔が表示され、 diagnostic-interval アイコンが表示されます。