サーバーの作成

サーバーには、JMXを介してVirtual DataPort サーバーに接続するために必要な情報が含まれます。サーバーは、ツリー領域で server アイコンで示されます。

サーバーの作成方法は 2 通りあります。

  1. [Options] メニューで [New Server] をクリックします。

  2. または、ツリー領域で、 home または environment を右クリックして [New Server...] をクリックします。

以下のダイアログが開きます。フォームに必要事項を入力し [Create] をクリックします。

Dialog to create a new server

サーバーを新規作成するためのダイアログ

Diagnostic & Monitoring Tool は、入力された資格情報とデータベースを使用して、Virtual DataPort への JMX 接続を作成します。データベースが設定されていない場合は、デフォルトで admin が使用されます。このユーザーアカウントは、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 管理者ユーザーである。

  • または、 monitor_admin の役割を保持している。

注釈

Virtual DataPort サーバーで特定のデータベースに対して LDAP 認証が構成されている場合は、LDAP ユーザーを使用してそのサーバーに接続するために [Database] フィールドを設定する必要があります。

注釈

Kerberos 認証を使用してサーバーに接続する場合は、今までどおり [User] フィールドと [Password] フィールドに有効な値を入力する必要があります。シングルサインオンを使用して Diagnostic & Monitoring Tool にログインしていても、サーバーの監視時には資格情報は再利用されません。