診断 - データソース

[Data Sources] タブには、Virtual DataPort サーバーで定義されているデータソースの統計情報を含む [Data Sources Summary] テーブルが表示されます。この情報は、次のようにデータソースの種類によって異なります。

  • 接続プールに関する統計を使用できるのは JDBC および ODBC のデータソースのみです。

  • ping 応答に関する統計を使用できるのは JDBCODBCLDAPOLAPSAPBWBAPISAPERP および SALESFORCE のデータソースのみです。

Data Sources tab of a diagnostic or diagnostic interval

診断または診断間隔の [Data Sources] タブ

[Data Sources Summary] テーブルで使用可能なフィールドは以下のとおりです。

  • VDP Database: データソースが属する Virtual DataPort データベースの名前。

  • Type: データソースの種類。

  • Name: データソースの名前。

  • Max Active Requests: データソースへの同時リクエストの最大数。

  • Min Active Requests: データソースへの同時リクエストの最小数。

  • Avg Active Requests: データソースへの同時リクエストの平均数。

  • Max Total Requests: Virtual DataPort サーバーの起動以降に処理されたデータソースへのリクエストの最大数。

  • Min Total Requests: Virtual DataPort サーバーの起動以降に処理されたデータソースへのリクエストの最小数。

  • Avg Total Requests: Virtual DataPort サーバーの起動以降に処理されたデータソースへのリクエストの平均数。

  • Max Active Connections: プール内のアクティブな接続の最大数。空の値はプールがないことを意味します。

  • Min Active Connections: プール内のアクティブな接続の最小数。空の値はプールがないことを意味します。

  • Avg Active Connections: プール内のアクティブな接続の平均数。空の値はプールがないことを意味します。

  • Max Idle Connections: プール内の非アクティブな接続の最大数。空の値はプールがないことを意味します。

  • Min Idle Connections: プール内の非アクティブな接続の最小数。空の値はプールがないことを意味します。

  • Avg Idle Connections: プール内の非アクティブな接続の平均数。空の値はプールがないことを意味します。

  • Max Pool Size: 接続プールの最大サイズ。空の値はプールがないことを意味します。

  • Min Pool Size: 接続プールの最小サイズ。空の値はプールがないことを意味します。

  • Avg Pool Size: 接続プールの平均サイズ。空の値はプールがないことを意味します。

  • Max Pool Load: プール内のアクティブな接続の最大の割合。空の値はプールがないことを意味します。

  • Min Pool Load: プール内のアクティブな接続の最小の割合。空の値はプールがないことを意味します。

  • Avg Pool Load: プール内のアクティブな接続の平均の割合。空の値はプールがないことを意味します。

  • Max Ping Response Time: ping リクエストの最長応答時間 (ミリ秒単位)。

  • Min Ping Response Time: ping リクエストの最短応答時間 (ミリ秒単位)。

  • Avg Ping Response Time: ping リクエストの平均応答時間 (ミリ秒単位)。

  • UP Percentage: 結果が UP の ping リクエストの割合。

  • DOWN Percentage: 結果が DOWN の ping リクエストの割合。

  • TIMEOUT Percentage: 結果が TIMEOUT の ping リクエストの割合。

データソースを右クリックして、 data-source [Data Source Graph] をクリックすると、新しいタブを開いて、データソースに関して収集されたデータの履歴を示した複数のグラフを表示できます。このタブには、ログに存在するデータに応じて、以下のグラフのいくつかが含まれます。

  • Data Source Requests: データソースによって対処されたリクエストに関する情報。常に利用可能です。

  • Data Source Connections: 接続プールに関する情報。 JDBC および ODBC のデータソースでのみ使用可能です。

  • Data Source Ping: ping リクエストの応答時間に関する情報。データソースに関する ping 情報が使用可能な場合にのみ存在します。

ログに ping 情報が含まれる場合、これらのグラフには赤い領域と黄色の領域が表示されることがあります。これらはそれぞれ、データソースがダウンしていた間隔と、タイムアウトのために ping を解決できなかった間隔を示します。赤い領域上でマウスを横に移動すると、データソースのダウンを引き起こしたエラーを確認できます。

Data Source tab with the evolution of its data presented as graphs

グラフとして提示されたデータの履歴を示す [Data Source] タブ

さらに、特定の日付におけるデータソースの状態を取得できます。この情報は 2 通りの方法で取得できます。

  1. [Data Sources Summary] テーブル のヘッダーにある details アイコンをクリックします。日付の入力を求めるダイアログが表示されます。日付を入力し、[View Data Sources] をクリックします。

    Dialog to obtain the data sources at a specific date

    特定の日付のデータソースを取得するダイアログ

  1. 特定のデータソースの履歴 を示すグラフでは、グラフをクリックして日付を選択できます。その後、グラフのヘッダーにある details アイコンをクリックします。

これにより、選択した日付におけるすべてのデータソースの状態を示す新しいタブが表示されます。

Data Sources tab with the state of the data sources at a specific date

特定の日付におけるデータソースの状態を示す [Data Sources] タブ

グラフ内の値とテーブル内のフィールドの詳細については、「 監視 - データソース 」のセクションを参照してください。