環境の監視

1 つの環境のすべての Virtual DataPort サーバーを監視するには、ツリー領域で環境をダブルクリックします。新しいタブが開き、この環境のサーバーのリアルタイム情報が表示されます。

Monitoring an environment

環境の監視

Diagnostic & Monitoring Tool で環境を監視するには、 デフォルトのロケール に従って、すべてのサーバーが同じタイムゾーンである必要があります。

環境の監視では、複数のサーバーの管理情報がグラフとして同時に表示されます。使用可能な情報は、個々のサーバーそれぞれのグラフで取得可能な情報と同じですが、異なる方法で整理されています。各グラフは異なる測定値を表し、各グラフの系列は環境内のサーバーであるため、それらがどのように動作しているかを容易に比較できます。

監視対象の環境のタブには以下の一連のアイコンがあります。

  • magnifying-glass: 監視対象の環境に関する情報を表示します。

  • tab-tool: すべてのサーバーの監視を開始するための play オプションと、それを停止するための stop オプションを含むメニューを表示します。

  • reload: タブ全体を再読み込みして、すべてのサーバーの監視を再起動します。既存のデータは失われます。

  • detach: 新しいウィンドウでタブを開きます。

  • close: タブを閉じて、サーバーの監視を停止します。

  • warning: Diagnostic & Monitoring Tool が環境のサーバーのいずれかに接続できないことを警告します。このアイコンをクリックすると、どのサーバーに到達不能であるかを確認できます。すべてのサーバーが再び到達可能になるとすぐに、このアイコンは消えます。同時に、到達不能なサーバーの情報はグラフに表示されなくなります。