監視 - データソース

[Data Sources] タブには、Virtual DataPort サーバーで定義されているデータソースに関する情報が表示されます。この情報は、次のようにデータソースの種類によって異なります。

  • プール接続に関する情報を使用できるのは JDBC および ODBC のデータソースのみです。

  • ping 応答に関する情報を使用できるのは JDBCODBCLDAPOLAPSAPBWBAPISAPERP 、および SALESFORCE のデータソースのみです。

Data Sources tab of a monitored server

監視対象サーバーの [Data Sources] タブ

データに対して条件を定義することで、このテーブルの結果をフィルターできます。

[Data Sources] テーブルで使用可能なフィールドは以下のとおりです。

  • VDP Database: データソースが属する Virtual DataPort データベースの名前。

  • Type: データソースの種類。

  • Name: データソースの名前。

  • Active Requests: 現在、データソースに対して実行されているアクティブなリクエストの数。

  • Total Requests: Virtual DataPort サーバーの起動以降に処理されたデータソースへのリクエストの合計数。

  • Active Connections: クエリを実行するために使用されている、データソースとの間で確立されたコネクションの数。空の値はプールがないことを意味します。

  • Idle Connections: プール内の非アクティブなコネクションの数。空の値はプールがないことを意味します。

  • Pool Size: プール内のコネクションの最大数。空の値はプールがないことを意味します。

  • Pool Load: プール内のアクティブなコネクションの割合。空の値はプールがないことを意味します。

  • Ping Status: ping リクエスト後のデータソースのステータス。 UPDOWN および TIMEOUT のいずれかの値を取ります。

  • Ping Response Time: ping リクエストへのデータソースの応答時間 (ミリ秒単位)。

  • Ping Execution Time: ping が実行された日時。

  • Ping Down Cause: データソースが DOWN の場合に、ping が実行されたときにキャプチャされたエラー。

データソースへの ping

Diagnostic & Monitoring Tool はデータソースのグループに対して定期的に ping リクエストを実行して、現在のステータスを監視できます。

configure_ping アイコンをクリックすると、下に示す構成ダイアログが開きます。

Dialog to configure ping on data sources

データソースに対する ping を構成するためのダイアログ

ping リクエストの期間、Virtual DataPort で定義されたタイムアウトとは異なるタイムアウト、および ping 対象のデータソースのリストを構成できます。テーブルの内容をフィルターすると、データソースのリストを容易に選択できます。

構成を保存すると、Diagnostic & Monitoring Tool は定期的な ping リクエストの実行を開始します。この構成は持続するため、以降のサーバーの監視セッションでも選択したデータソースに対して ping リクエストが実行されます。

アクティブに監視されているデータソースでは、ping 関連のフィールドがリアルタイムで更新されます。さらに、それらの行は以下に従って色分けされます。

  • ステータスが DOWN のデータソースは赤色で表示されます。

  • ステータスが TIMEOUT のデータソースは黄色で表示されます。