キャッシュのコンテンツの表示

サーバーは、データがキャッシュされているクエリそれぞれについてクエリパターンを保存しておき、後で、キャッシュに保存されたデータでクエリを「解決」できるかどうかを判別する際に使用します。Denodo ストアドプロシージャ CACHE_CONTENT は、キャッシュに保存されているクエリパターンの情報を返します。クエリパターンの詳細については、管理ガイドの「 キャッシュモジュール 」を参照してください。

CACHE_CONTENT プロシージャの構文
CACHE_CONTENT( <database:string>, <view:string> )

このプロシージャの出力には、クエリパターンを記述する以下のフィールドが含まれます。

  • QueryPatternId: クエリパターンの ID。

  • DatabaseName: データベースの名前。

  • ViewName: ビューの名前。

  • NumCondition: 条件の数。

  • Conditions: 条件のリスト。

  • ProjectedFields: 投影フィールドのリスト。空の場合は、ビューのすべてのフィールドが投影されたことを意味します。

  • ExpirationDate: クエリパターンの有効期限。

  • クエリパターンのステータス。 ValidInvalid 、または Processing のいずれかの値になります。

CACHE_CONTENT プロシージャの呼び出し例
CALL CACHE_CONTENT('admin', 'incidences')
  • 入力パラメーター viewNULL の場合、このプロシージャは database のすべてのクエリパターンに関する情報を返します。

  • 入力パラメーター databaseNULL の場合、このプロシージャは現在接続しているデータベースのクエリパターンに関する情報を返します。

  • このプロシージャは、クエリパターンの取得元データベースの管理者またはローカル管理者のみが実行できます。