日付と時間のパターン文字列

Virtual DataPort では、 Java の日付と時刻のパターン を使用して日付と時刻の形式を指定します。以下のパターンでは、1 列目の文字が日付の要素を表します。

Virtual DataPort で使用される Java の日付と時刻のパターン

記号

日付または時刻の構成要素

表示

G

紀元指定子

テキスト

AD

y

1996、96

M

July、Jul、07

w

数値

27

W

月間通算週

数値

2

D

年間通算日

数値

189

d

月間通算日

数値

10

F

月の通算曜日

数値

2

E

曜日

テキスト

Tuesday、Tue

a

午前/午後マーカー

テキスト

PM

H

24 時間表記の時刻 (0 ~ 23)

数値

0

k

24 時間表記の時刻 (1 ~ 24)

数値

24

K

12 時間表記の時刻 (0 ~ 11)

数値

0

h

12 時間表記の時刻 (1 ~ 12)

数値

12

m

数値

30

s

数値

55

S

ミリ秒

数値

978

z

タイムゾーン

一般的なタイムゾーン

Pacific Standard Time、PST、GMT-08:00

Z

タイムゾーン

RFC 822 タイムゾーン

-0800

'

テキストのエスケープ文字

(非表示)

''

一重引用符

リテラル

'

上の表では、さまざまな値にどのような予約文字が割り当てられているかを示しています。具体的な出力形式は、各エレメントをそれぞれの位置で何回繰り返すかによって異なります。

  • Text: 完全な形式を指定するには 4 文字以上を使用し、短縮形を使用するには 4 文字未満を使用します。たとえば、日付パターンで曜日の位置に EEEE を指定した場合、短縮形 (例: 「Mon」) ではなく完全な形式 (例: 「Monday」) で曜日を表示する必要があることを示しています。

  • Number: 常に、使用可能な最小桁数を使用します。必要に応じて、最小の数値の左側に 0 が追加されます。年は特殊なケースで、「y」の数が 2 つの場合、年は 2 桁に短縮されます。

  • Text & Number: テキストとして表すには 3 文字以上を使用します。それ以外の場合は数値が使用されます。たとえば、日付パターンで月の位置に MMM を指定した場合、その月はテキスト形式の名前 (「Jul」など) を使用して表示されます。MM を指定した場合、月は数値として表示されます。日付形式では、 ['a'..'z'] または ['A'..'Z'] の範囲内に見つからなかった文字は定数とみなされます。つまり、 ':''.'' ''#''@' などの文字は生成される日付に表示されます。ただし、書式設定後のパターンでは引用符で囲まれていません。