ウィジェットのエクスポート

注釈

ビューをウィジェットとして公開する機能は非推奨であり、Denodo Platform の今後のメジャーバージョンで削除される可能性があります。

非推奨のすべての機能のリストについては、「 Features Deprecated for Denodo Platform 8.0 」のセクションを参照してください。

このコマンドは、既存のウィジェットを特定のウィジェットテクノロジーにエクスポートします。出力は、ターゲットに応じて次のように異なります。

  • ポートレット JSR 168 および 286: 出力は、標準のポートレットサーバーにデプロイできる .war ファイルです。

  • Microsoft Web パーツ: 出力は、Microsoft Office SharePoint にデプロイするための Web パーツ ファイルと、エクスポートされたエレメントの情報が含まれる XML ファイルが入った .zip です。

重要

Microsoft Web パーツを使用するには、該当する補助 Web サービスをデプロイする必要があります。「 補助 Web サービスのデプロイとエクスポート 」を参照してください。

EXPORT WIDGET ステートメントの構文
EXPORT { PORTLETJSR168 | PORTLETJSR286 } FROM WIDGET
    <widget_name:identifier>
    NAME = <target_file_name:literal>
    URI = <vdp_server_uri:literal>
    LOGIN = <vdp_user_name:literal>
    PASSWORD = <literal> [ ENCRYPTED ]

EXPORT WEBPART FROM WIDGET identifier_name:widgetName
    NAME = <target_file_name:literal>
    URI = <vdp_auxiliary_web_service_url:literal>
  • URI: 意味はターゲットのウィジェットに応じて異なります。

    • ポートレットの場合: ポートレットがデータを取得するために接続する Virtual DataPort サーバーの URI。

    • Microsoft Web パーツの場合: Web パーツがデータを取得するために接続する補助 Web サービスの URI。

  • LOGIN および PASSWORD: Virtual DataPort に接続するための資格情報。