エレメントの所有権

データベースのすべてのエレメントには所有者が存在します (データソース、ビュー、Web サービス、フォルダーなど)。エレメントを生成したユーザーは自動的にそのエレメントの所有者になります。後で CHOWN コマンドを使用して別のユーザーにそのエレメントの所有権を与えることができます。

CHOWN ステートメントの構文
; To change the owner of a data source
CHOWN <user:identifier>
   DATASOURCE { CUSTOM | DF | ESSBASE | JDBC | JSON | LDAP | ODBC |
                OLAP | SALESFORCE | SAPBWBAPI | SAPERP | WS | XML } <name:identifier>

; To change the owner of a wrapper
CHOWN <user:identifier>
   WRAPPER { CUSTOM | DF | ESSBASE | ITP | JDBC | JSON | LDAP | ODBC |
          OLAP | SALESFORCE | SAPBWBAPI | SAPERP | WS | XML } <name:identifier>

; To change the owner of a view, stored procedure, web service (SOAP and REST), widget and JMS listener
CHOWN <user:identifier>
   { VIEW | PROCEDURE | WEBSERVICE | WIDGET | LISTENER JMS } <name:identifier>

; To change the owner of a folder
CHOWN <user:identifier> FOLDER <path:literal>

エレメントの所有者を変更するには、グローバル管理者、またはエレメントが属するデータベースの管理者である必要があります。


エレメントの所有者を取得するには、以下のようないくつかの方法があります。

  1. 管理ツールの使用: エレメントを右クリックしてから、 Properties をクリックします。

  2. includeUserPrivileges パラメーターを指定して DESC コマンドを実行します。以下に例を示します。

    DESC VQL VIEW invoice ('includeUserPrivileges'='yes')
    

    出力には CHOWN ステートメントが含まれます。

  1. エレメントについての情報を返すストアドプロシージャの 1 つを使用します。たとえば、「 GET_VIEWS 」はビューの所有者を返し、「 GET_ELEMENTS 」はエレメントの種類に関係なくその所有者を返します。