派生ビューの変更

ALTER TABLE ステートメントを使用して、派生ビューの以下のプロパティを変更できます。

  • キャッシュ構成を、パラメーター CACHE および TIMETOLIVEINCACHE を使用して変更できます (「 キャッシュの使用 」のセクションを参照)。

  • Virtual DataPort のスワップポリシーを、パラメーター SWAPSWAPSIZEMAXRESULTSIZE により設定できます (「 スワップポリシーの構成 」のセクションを参照)。

  • DECLARE CACHE INDEX でキャッシュインデックスを定義できます。詳細については、管理ガイドの「 キャッシュインデックス 」のセクションを参照してください。

  • DATAMOVEMENTPLAN により、ビューに定義されたデータ移動プランを変更できます。サブビューの 1 つに複数のデータ移動プランがあり、そのいくつかを変更しないでおく場合は、括弧内を空白のままにします。以下に例を示します。

    ALTER VIEW test
    DATAMOVEMENTPLAN = { internet_inc: () (JDBC ds1) }
    
  • 基本ビューのプライマリキー制約を追加または削除できます (<add key> および <drop key> で定義)。プライマリキーの詳細については、管理ガイドの「 ビューのプライマリキー 」のセクションを参照してください。

  • DELEGATESTATSQUERY: この値が false の場合、このビューの統計情報を収集するために実行されるクエリは、ソースにプッシュダウンされません。代わりに、Virtual DataPort はすべてのデータを取得し (SELECT * FROM table を実行)、集計関数をローカルに実行します。この値が true または存在しない場合、可能であればクエリをソースにプッシュダウンします。この値を false に設定するのは、ビューの [Advanced] ウィザードの [Statistics] タブで、[Do not delegate the generation of the statistics] チェックボックスを選択するのと同じことです。このオプションの詳細については、管理ガイドの「 ビューの統計情報の収集 」のセクションを参照してください。

  • LAYOUT: 管理ツールで派生ビューを編集するときに、[Model] タブにビューのサブビューが表示されます。このパラメーターは、このタブでのこれらサブビューの位置を設定します。このパラメーターが設定されない場合、管理ツールは各サブビューをデフォルトの位置に配置します。

    インターフェイスビューの場合は、[Implementation] タブで実装ビューの位置を設定します。

    注釈

    このパラメーターがビューの動作に影響することは決してありません。

  • ビューの名前の変更:

    ALTER VIEW <current name:identifier> RENAME <new name:identifier>;
    
  • ビューのプライマリキーを追加、変更、削除できます (<add key> または <drop key> で定義)。プライマリキーの詳細については、管理ガイドの「 ビューのプライマリキー 」のセクションを参照してください。

  • フィールドの説明を追加または変更するには、次のように指定します。

    ALTER COLUMN <field name:identifier> ADD ( DESCRIPTION = <description:literal> )
    

    例:

    ALTER VIEW order (
        ALTER COLUMN order_id ADD ( DESCRIPTION = 'Unique identifier of the order' )
    );
    
ALTER VIEW ステートメントの構文
ALTER VIEW <name:identifier>
    [ CACHE {
          OFF
        | PARTIAL [ EXACT ] [ PRELOAD ]
        | FULL
        | INVALIDATE [ ON CASCADE ]
            [ NOATOMIC [ INVALIDATEBLOCKSIZE <integer> ] ]
            [ WHERE <condition> ]
        }
    ]
    [ BATCHSIZEINCACHE { <integer> | DEFAULT } ]
    [ TIMETOLIVEINCACHE { <seconds:integer> | DEFAULT | NOEXPIRE } ]
    [ SWAP { ON | OFF | DEFAULT } ]
    [ SWAPSIZE <megabytes:integer> ]
    [ MAXRESULTSIZE <megabytes:integer> ]
    [ <table index clause> ]*
    [ DATAMOVEMENTPLAN = { <data movement plans> } ]
    [ DELEGATESTATSQUERY = <boolean> ]
    [ DESCRIPTION = <literal> ]

| ALTER VIEW <name:identifier> RENAME <new_name:identifier>

| ALTER VIEW <name:identifier>
    ( <alter column clause>+ )

| ALTER VIEW <view:identifier>
    LAYOUT ( <subview1:identifier> = <bounds>
        [, <subview:identifier> = <bounds> ]* )

<alter column clause> ::=
    ALTER COLUMN <field name:identifier> ADD ( DESCRIPTION = <description:literal> )

<table index clause> ::=
      DECLARE CACHE INDEX <name:identifier>
          ON ( <table index field [ ,<table index field> ]* )
    | DELETE CACHE INDEX <name:identifier>

<table index field> :: = <field name:identifier> [ ASC | DESC ]

<data movement plan> ::=
  [ <view name:identifier> : <data movement view plans> ]+

<data movement view plans> ::=
      <data movement view plan>
    | [ ( [ <data movement view plan> ] ) ]+

<data movement view plan> ::=
  JDBC <data source name:identifier> | OFF

<bounds> ::=
  <x1:int>, <y1:int>, <x2:int>, <y2:int>