JAR 拡張機能の定義

ストアドプロシージャ、カスタム関数、およびカスタムラッパーは Java で開発します。

これらの開発方法については、開発者ガイドの「 拡張機能の開発 」のセクションで説明しています。

注釈

管理ツールを使用して拡張機能をロードすることを強くお勧めします (管理ガイドの「 拡張機能のインポート 」のセクションを参照)。

CREATE JAR ステートメントにより、拡張機能の新しい Java ライブラリ (jar ファイル) がサーバーに追加されます。

CREATE JAR ステートメントの構文
CREATE [ OR REPLACE ] JAR <name:identifier> <jar encoded as base64:literal>

jar ファイル、およびそのファイルのバイト文字列としてコード化されたコンテンツ用に、識別子を指定する必要があります。 OR REPLACE 修飾子を指定すると、ファイルがすでに存在する場合に、そのファイルを置き換えることができます。

Virtual DataPort は、サーバーにインポートされる jar ファイルと、それらの jar ファイルにより提供される Java クラスを使用する Denodo ストアドプロシージャおよびカスタムラッパーとの間に依存関係を確立します。

ユーザーが DROP JAR ステートメントを実行して jar を削除し、その jar が依存関係を持つ場合、ステートメントは失敗します。その場合は、 DROP JAR <name> CASCADE を実行してそれぞれの jar ファイルを削除することができます。このステートメントは、jar ファイル および jar ファイルに依存したエレメントを削除します。