LDAP データソース

Virtual DataPort では、データソースとして LDAP サーバーを使用できます。インポートされた LDAP サーバーは、そこからデータを抽出したり、Virtual DataPort ユーザーを認証したりするために使用できます (「 ユーザーの管理 」を参照)。以下の例は、LDAP データソースを管理するためのコマンドの構文を示しています。

LDAP データソースを作成するには、CREATE DATASOURCE LDAP ステートメントを使用します。

CREATE DATASOURCE LDAP ステートメントの構文
CREATE [ OR REPLACE ] DATASOURCE LDAP <name:identifier>
    [ FOLDER = <literal> ]
    URI = <serverURI:literal>
    [ USERNAME = <userName:literal> USERPASSWORD = <password:literal> [ ENCRYPTED ] ]
    [ USE_GSSAPI_SASL_AUTH_MECHANISM ]
    [ USEPAGING = { TRUE | FALSE } [ MAXPAGESIZE = <integer> ] ]
    [ POOL_ENABLED = { TRUE | FALSE } ]
    [ TRANSFER_RATE_FACTOR = <double> ]
    [ DESCRIPTION = <literal> ]

LDAP データソースを変更するには、ALTER DATASOURCE LDAP ステートメントを使用します。

ALTER DATASOURCE LDAP ステートメントの構文
ALTER DATASOURCE LDAP <name:identifier>
    URI = <serverURI:literal>
    [ USERNAME = <userName:literal> ]
    [ USERPASSWORD = <password:literal> [ ENCRYPTED ] ]
    [ USE_GSSAPI_SASL_AUTH_MECHANISM ]
    [ USEPAGING = { TRUE | FALSE } [ MAXPAGESIZE = <integer> ] ]
    [ POOL_ENABLED = { TRUE | FALSE } ]
    [ TRANSFER_RATE_FACTOR = <double> ]
    [ DESCRIPTION = <literal> ]

これらのステートメントで利用する一部のパラメーターの説明 :

  • OR REPLACE: 指定されている場合、同じ名前のデータソースが存在すれば、現在の定義が新しい定義で置き換えられます。

  • name: Virtual DataPort 内の新しいデータソースの名前。

  • URI: LDAP サーバーの URI。URI 形式は ldap://host:port です。

  • USERNAME / USERPASSWORD: LDAP サーバーにアクセスするための資格情報 (オプション)。 ENCRYPTED 修飾子は、提供されるパスワードが暗号化されることを示します。通常、この修飾子は Virtual DataPort のメタデータインポート/エクスポートプロセスのみで使用されます (「 メタデータのエクスポート 」を参照)。

  • USE_GSSAPI_SASL_AUTH_MECHANISM: 指定されている場合は、シンプルバインドの代わりに、GSSAPI 認証メカニズムを使用した SASL バインドが確立されます。

  • USEPAGING: TRUE の場合、Virtual DataPort はクエリのすべての結果を一度に取得するのではなく、ページ検索を実行してすべての結果を取得します。 MAXPAGESIZE は、ページあたりの結果の数です。

    このオプションは、LDAP サーバーのクエリあたりの結果の数に制限がある場合に役立ちます。

  • POOL_ENABLED: TRUE の場合、Virtual DataPort はこの LDAP サーバーへのコネクションのプールを作成します。

  • TRANSFER_RATE_FACTOR: Denodo サーバーとデータソース間のネットワーク接続速度の相対的な測定値。従来の 100 Mbps LAN を介してデータソースにアクセス可能な場合は、デフォルト値 (オンプレミスの JDBC データベースの場合は 1) を使用します。より高速なネットワークの場合はより大きな値を、WAN 経由でアクセス可能なデータソースの場合はより小さな値を使用します。


詳細については、管理ガイドの「 LDAP ソース 」を参照してください。