Salesforce データソース

ここでは、 CREATE DATASOURCE SALESFORCE ステートメントのパラメーターについて説明します。Salesforce データソースと基本ビューは 管理ツールから 作成することをお勧めします。他の方法よりもはるかに容易です。

Salesforce データソースを定義するには、以下のパラメーターを指定する必要があります。

  • OR REPLACE: 指定されている場合、同じ名前のデータソースが存在すれば、現在の定義が新しい定義で置き換えられます。

  • FOLDER: データソースが保存されるフォルダー。

  • BASE_URL: 割り当てられた Salesforce インスタンスの URL。

  • API_VERSION: v40.0、v41.0 など、使用する Salesforce API のバージョン。

  • INCLUDE_ALL: TRUE の場合、削除したデータとアーカイブしたデータがこのデータソースのクエリの結果に追加されます。Salesforce では、削除したデータとアーカイブしたデータがデフォルトで除外されます。

  • AUTHENTICATION OAUTH20: 認証データ。サポートされている認証方法は OAuth 2.0 のみです。

    • ACCESSTOKEN: Salesforce での認証時に取得される OAuth 2.0 アクセストークン。 AUTHENTICATION_GRANTCODE_GRANT (Web サーバーフロー) の場合のみ必須です。

    • AUTHENTICATION_GRANT: 指定できる値は CODE_GRANT または PASSWORD_GRANT です。

      AUTHENTICATION_GRANT 値が PASSWORD_GRANT の場合のみ以下のパラメーターを入力します。

      • USER_IDENTIFIER: Salesforce ユーザー名。

      • USER_PASSWORD: Salesforce ユーザーパスワード。

      • USER_PASSWORD_TOKEN: Salesforce によって生成されるセキュリティトークン。

    • TOKENENDPOINTURL: OAuth 2.0 トークンエンドポイントの URL。

    • CLIENTIDENTIFIER: クライアント ID。

    • CLIENTSECRET: クライアントシークレット。

    • REFRESHTOKEN: Salesforce での認証時に取得される OAuth 2.0 更新トークン。

    • TWO_WAY_SSL: 以下の相互認証構成。

      • CERTIFICATE: クライアント証明書ファイルの Base64 表示。

      • CERTIFICATE_PASSWORD: 暗号化されている場合は証明書のパラフレーズ。

  • PROXY: HTTP リクエストがプロキシ経由で送信される場合、3 つのオプションがあります。

    • DEFAULT: データソースは、Virtual DataPort サーバーのデフォルト HTTP プロキシ構成を使用します。これらのデフォルト値の構成方法については、管理ガイドの「 HTTP プロキシのデフォルト構成 」を参照してください。

    • ON: データソースは HOST パラメーターと PORT パラメーターで指定されたプロキシに接続します。プロキシが認証を要求した場合は、プロキシの資格情報も入力する必要があります。

    • AUTOMATIC: プロキシの構成パラメーターが格納されている proxy.pac ファイルの URL を入力します。

CREATE DATASOURCE SALESFORCE ステートメントの構文
CREATE [ OR REPLACE ] DATASOURCE SALESFORCE <name:identifier>
 [ FOLDER = <literal> ]
 BASE_URL = <literal>
 API_VERSION = <literal>
 [ INCLUDE_ALL = { TRUE | FALSE } ]
 <authentication>
 [ <proxy> ]
 [ DESCRIPTION = <literal> ]
 [ <sourceconfiguration> ]

<authentication> ::=
  AUTHENTICATION {
    OAUTH20 (
      ACCESSTOKEN = <token:literal> [ ENCRYPTED ]
      AUTHENTICATION_GRANT = {
         CODE_GRANT
       | PASSOWORD_GRANT (
           USER_IDENTIFIER = <literal>
           USER_PASSWORD = <literal> [ ENCRYPTED ]
           [ USER_PASSWORD_TOKEN = <literal> [ ENCRYPTED ] ]
         )
       }
      [
        [ TOKENENDPOINTURL = <literal> ]
        CLIENTIDENTIFIER = <literal>
        CLIENTSECRET = <literal> [ ENCRYPTED ]
        [ REFRESHTOKEN = { <token:literal> [ ENCRYPTED ] | VARIABLE <name of the variable:literal> } ]
      [
        AUTHORIZATIONSERVERURL = <literal>
        [ REDIRECTIONENDPOINTURL { DEFAULT | <literal> } ]
      ]
      [
        TWO_WAY_SSL (
          CERTIFICATE = <literal> [ ENCRYPTED ]
          [ CERTIFICATE_PASSWORD = <literal> [ ENCRYPTED ] ]
        )
      ]
    )
  }

<proxy> ::=
  PROXY {
      OFF
    | DEFAULT
    | ON ( HOST <literal> PORT <integer> [ <credentials> ] )
    | AUTOMATIC ( PACURI <literal> )
  }

<credentials> ::= USER <literal> PASSWORD <literal> [ ENCRYPTED ]

<sourceconfiguration> ::= SOURCECONFIGURATION ( [ <source configuration property>  [, <source configuration property> ]* ] )

<source configuration property> ::=
  DELEGATEFETCH = <property value>
  | DELEGATEGROUPBY = <property value>
  | DELEGATEOFFSET = <property value>
  | DELEGATEAGGREGATEFUNCTIONSLIST = { DEFAULT | ( <function:identifier> [, <function:identifier> ]* ] ) }
  | DELEGATEOPERATORSLIST = { DEFAULT | ( <operator:identifier> [, <operator:identifier> ]* ] ) }
  | SUPPORTSAGGREGATEFUNCTIONSOPTIONS = <property value>

<property value> ::= true | false  | DEFAULT

同じ名前のデータソースがすでに存在し、 OR REPLACE 句が指定されている場合は、既存のデータソース定義が新しい定義で置き換えられます。

既存の Salesforce データソースを変更するには、ALTER DATASOURCE SALESFORCE ステートメントを使用します。

ALTER DATASOURCE SALESFORCE ステートメントの構文
ALTER DATASOURCE SALESFORCE <name:identifier>
 [ BASE_URL = <literal> ]
 [ API_VERSION = <literal> ]
 [ INCLUDE_ALL = { TRUE | FALSE } ]
 [ <authentication> ]
 [ <proxy> ]
 [ DESCRIPTION = <literal> ]
 [ <sourceconfiguration> ]

<authentication> ::= (see CREATE DATASOURCE SALESFORCE for details)
<proxy> ::= (see CREATE DATASOURCE SALESFORCE for details)
<sourceconfiguration> ::= (see CREATE DATASOURCE SALESFORCE for details)