XML データソース

Virtual DataPort では XML をデータソースとして使用できます。XML データソースを定義するには、XML ドキュメントへのアクセスパスを指定する必要があります。また必要に応じて、同じドキュメントのスキーマまたは DTD を含むファイルへのアクセスパスを指定することもできます。

  • SCHEMA または DTD (オプション): データソース XML ファイルのメタデータを含むファイルへのパス。XML スキーマまたは DTD を指定できます。指定しない場合、Virtual DataPort は次のパラメーターが示す XML ドキュメント構造を分析して、適切なスキーマの推測を試みます。

  • ROUTE: データソースを表す XML ファイルへのパス。データファイルへのパスの詳細については、「 Virtual DataPort におけるパスの指定 」を参照してください。

  • FILTER: ファイルを処理する前に、そのファイルに適用されるフィルターのリスト。XML ファイルおよび XML スキーマまたは DTD に適用できます (「 フィルター 」を参照)。

CREATE DATASOURCE XML ステートメントの構文
CREATE [ OR REPLACE ] DATASOURCE XML <name:identifier>
    [ FOLDER = <literal> ]
    [ { SCHEMA | DTD } <route> [ <route_filters> ] ]
    ROUTE <route> [ <route_filters> ]
    [ VALIDATE = { TRUE | FALSE } ]
    [ TRANSFER_RATE_FACTOR = <double> ]
    [ DESCRIPTION = <literal> ]

<route_filters> ::= FILTER ( <filter> [, <filter> ]* )

このステートメントは OR REPLACE 句も許可します。この場合、同じ名前のデータソースが存在すれば、その定義は新しい定義で置き換えられます。

XML データソースの変更ステートメントの構文は、以下のとおりです。

ALTER DATASOURCE XML ステートメントの構文
ALTER DATASOURCE XML <name:identifier>
    [ { SCHEMA | DTD } <route> [ <route_filters> ] ]
    [ ROUTE <route> <route_filters> ]
    [ VALIDATE = { TRUE | FALSE } ]
    [ TRANSFER_RATE_FACTOR = <double> ]
    [ DESCRIPTION = <literal> ]

<route_filters> ::=
  FILTER ( <filter> [, <filter> ]* )

これらのステートメントで利用する一部のパラメーターの説明 :

  • TRANSFER_RATE_FACTOR: Denodo サーバーとデータソース間のネットワーク接続速度の相対的な測定値。従来の 100 Mbps LAN を介してデータソースにアクセス可能な場合は、デフォルト値 (オンプレミスの JDBC データベースの場合は 1) を使用します。より高速なネットワークの場合はより大きな値を、WAN 経由でアクセス可能なデータソースの場合はより小さな値を使用します。