ラッパーの作成

Virtual DataPort がサポートしているラッパーの種類ごとに、ラッパーを作成するためのステートメントが存在します。以下のサブセクションでは、各種ラッパーの手動作成プロセスについて詳しく説明します。

注釈

新しいラッパーの作成には、Administration Tool を使用することを強くお勧めします。

Version 7 において、いくつかの種類のラッパーを作成する際に使用されていた 実行コンテキスト補間文字列 の概念については「 実行コンテキストと補間文字列 」を、ラッパーによって返される結果のスキーマメタデータの一般的な情報については「 ラッパーメタデータ 」を参照してください。