ラッパーメタデータ

大半のラッパーでは、それらが提供する出力スキーマ (OUTPUTSCHEMA) のメタデータ、つまり、ソースから抽出したデータを表すフィールドを指定できます。これらのフィールドには 3 つのタイプがあります。

  • SIMPLE: テキスト文字列、整数などの基本データ型に属するフィールド。必要に応じて、ラッパーのクエリ条件でフィールドを使用できるかどうかを指定できます。クエリのフィールドは必須 (該当するフィールドの条件をすべてのクエリに含める必要がある) の場合もあれば、オプションの場合もあります。単純型のフィールドを指定する場合は、Java データ型も指定されます。この場合、「 Java 型へのラッパーのネイティブ型変換 」で指定された変換表を考慮する必要があります。

  • REGISTER: 1 つまたはさまざまな型のフィールドによって構成されるフィールド。単純型の場合も複合型の場合もあります。

  • ARRAY: レジスター型フィールドによって構成されるリスト。

さらに、各出力スキーマフィールドに一連の制限事項を指定できます。

  • フィールドに NULL 値 (NULL) を含めることができるか、できない (NOT NULL) かを指定。デフォルト値は NULL です。

  • 結果をフィールドによって並べ替えることができる (SORTABLE) か、できないか (NOT SORTABLE)を指定。また、結果をフィールドによって並べ替えることができるが、昇順のみか (SORTABLE ASC)、降順のみか (SORTABLE DESC) を指定することもできます。デフォルトでは SORTABLE 値が想定されています。

  • フィールドを UPDATE ステートメントで更新できるか (UPDATEABLE)、できないか (NOT UPDATEABLE) を指定。デフォルトでは UPDATEABLE 値が想定されています。