ラッパーとデータソースの生成

ラッパー は、データソースにアクセスするためにサーバー全体で共通のインターフェイスを提供するためのコンポーネントです。基本リレーションの各検索メソッドには関連付けられた ラッパー があり、基本リレーションに対して発行されたクエリを受信し、それらをデータソースへのクエリに変換して結果を取得し、その結果を基本リレーションによって指定された形式に従って Virtual DataPort の論理層に返す役割を担っています。ラッパーにより、サーバーは各ソースの特異性を考慮せず、透過的にデータを取得できるようになります。

Virtual DataPort では、以下のタイプの ラッパー があらかじめ定義されています。

  • WWW: これは、Denodo ITPilot を使用して作成された、半構造化されたソース用のラッパーをシステムに組み込むために使用されます。これらのソースには、ローカルファイルシステムから、Web 経由または FTP 経由でアクセスできます。このラッパーは PDF や Word ファイルなどの半構造化ソースでも使用できますが、HTML Web サイトがこのラッパーを使用する最も重要なタイプのソースです。

  • JDBC: JDBC を介してリモートデータベースからデータを抽出します。

  • ODBC: ODBC を介してリモートデータベースからデータを抽出します。

  • 多次元データベースラッパー : 多次元データベースからデータを抽出します。データベースのタイプごとに異なるラッパーがあります。

    • SAPBWBAPI: SAP JCo コネクターを使用して、SAP BW と SAP BI に接続します。

    • ESSBASE: Oracle Essbase 9 および 11 からデータを抽出します。

    • OLAP: それぞれの XMLA インターフェイスを使用して、Mondrian 3.x、Microsoft SQL Server Analysis Services または他の OLAP サーバーからデータを抽出します。

  • WS (Web サービス): Web サービスによって定義された操作を呼び出してデータを抽出します。

  • XML: XML ファイルからデータを抽出します。必要に応じて、特定の DTD またはスキーマに従います。これらのソースには、Web、ローカルファイルシステム、または FTP 経由でアクセスできます。

  • JSON: JSON ファイルからデータを抽出します。これらのソースには、Web、ローカルファイルシステム、または FTP 経由でアクセスできます。

  • DF: 特定の文字をタプルおよびフィールド区切り文字として使用したり、正規表現に従ってタプルフィールドを処理するなど、正規の形式を使用してタプルを表すフラットテキストファイルからデータを抽出します。サポートされるファイルには、CSV 形式のファイルがあります。これらのソースには Web、ローカルファイルシステム、または FTP 経由でアクセスできます。

  • LDAP: Microsoft Windows Server Active Directory などの LDAP サーバーからデータを抽出します。

  • BAPI: SAP BAPI (Business Application Programming Interfaces) を呼び出して、SAP ERP などの SAP アプリケーションに保存されているデータを抽出します。

  • SALESFORCE: Salesforce.com からデータを取得します。

  • CUSTOM: 特定の Java 実装を通じてソースからデータを抽出します。このタイプの ラッパー では、特定のソースタイプ向けに ラッパープログラムアドホック 構築できます。

データソースのアクセスと構成において特定のデータをカプセル化するために、WWW タイプのラッパーを除き、すべてのラッパーに対応する データソース エレメントがあります。

ここでは、VQL を使用して、Virtual DataPort で任意のタイプの ラッパー (とそれらの データソース) を作成および変更する方法を説明します。

注釈

データソースとラッパーの作成には、Administration Tool を使用することを強くお勧めします。

このセクションは以降、次のように構成されています。「 ラッパーの型と VDP 型との有効な変換 」と「 Virtual DataPort におけるパスの指定 」では、後続の内容の中で一般的に関心の高い側面、つまり、Virtual DataPort における、ラッパーと基本リレーションとの間の有効なタイプの変換とリソースへのパスの指定方法を定義します。「 データソースの作成 」では、使用可能なさまざまなタイプのデータソースをシステムに追加する方法を示します。最後に、「 ラッパーの作成 」では、これらの各ソースタイプに対応するラッパーの作成方法を紹介します。