ラッパーの型と VDP 型との有効な変換

ここでは、ラッパーによってエクスポートされる Java 型と、基本リレーションとビューで Virtual DataPort が使用するデータ型 (「 データ型 」を参照) との間の互換性マッピングについて説明します。ラッパーを基本リレーションに割り当てるときには、これらの互換性ルールに留意し、ラッパーの定義済みスキーマと基本リレーションとの互換性を確保することが重要です。

以下の表は、比較的一般的な型のマッピングを示しています。これは、Virtual DataPort Administration Tool によって自動的に適用されるマッピングでもあります (管理ガイドを参照)。

Java 型と Virtual DataPort 型の自動変換

Java 型

Virtual DataPort 型

int、java.lang.Short、java.lang.Integer

int

long、java.lang.Long

long

float、java.lang.Float

float

double、java.lang.Double

double

boolean、java.lang.Boolean

boolean

java.math.BigDecimal

decimal

java.lang.String

text

java.util.Date、java.util.Calendar、java.sql.Date、java.sql.Timestamp、java.sql.Time

date

byte[]、java.sql.Blob

blob

この表に指定されていない他の Java データ型は、デフォルトでは text VDP データ型に関連付けられます。

Java 型と Virtual DataPort 型の間には、指定可能であるが自動的には適用されない、その他のマッピングが存在します。これらは、以下の表で確認できます。

Java 型と Virtual DataPort 型のその他の有効な変換

Java 型

Virtual DataPort 型

java.lang.String

xml

ラッパーは同様に、VDP 配列とレジスターに直接関連付けられた配列やレジスターなどの複合エレメントを提供することができます。