はじめに

Virtual DataPort は、異種混合型で分散されたデータソースをリアルタイムに統合する グローバルソリューション です。

Virtual DataPort は、データ定義およびデータ操作言語として VQL (Virtual Query Language) を使用します。VQL では、システムカタログを構成するエレメントの作成と更新、統一された情報ビューのクエリと更新を実行できます。VQL には、SQL との高い互換性があるだけでなく、仮想情報統合システムの特殊性を処理するための特有の構造が含まれています。

このマニュアルでは、VQL と、VQL を使用して Virtual DataPort の管理タスクを実行する方法について説明します。通常、VQL スクリプトを手動で記述する必要はない点に留意してください。Administration Tool を使用して最も一般的な管理タスクを実行する方法については、「 Virtual DataPort 管理ガイド 」を参照してください。

注釈

すべての管理タスクで Administration Tool を使用することを強くお勧めします。