カタログ内のエレメントのリスト表示

LIST コマンドは、エレメント名のリストを返します。たとえば、データベース名のリストや、JDBC データソース名のリストなどです。

このようなコマンドの完全な構文を取得するには、管理ツールの VQL シェルから HELP LIST を実行します。

一部の LIST コマンドのオプションである ON <database name> 句を指定すると、接続しているものとは別のデータベースにある、指定したタイプのエレメントのリストを取得できます。

サーバー内のエレメント

  • LIST DATABASES は、既存のデータベースのリストを表示します。

  • LIST FUNCTIONS は、利用可能なすべての関数の名前と構文を返します。このリストには、標準で用意されている関数と、ユーザーが開発し、Virtual DataPort サーバーにアップロードされたカスタム関数が含まれます。

    このコマンドの出力は、Denodo Platform の今後のバージョンで変更される場合があります。

  • LIST FUNCTIONS CUSTOM は、ユーザーが開発し、Virtual DataPort サーバーにアップロードされたカスタム関数の名前と構文を返します。

    このコマンドの出力は、Denodo Platform の今後のバージョンで変更される場合があります。

  • LIST I18NS は、利用可能な i18n の名前のリストを表示します。特定のエレメントの構成を取得するには、 DESC VQL MAP I18N <name of the i18n> を実行します。

  • LIST JARS は、jar 拡張機能のリストを表示します (「 JAR 拡張機能の定義 」を参照)。このコマンドは、 CREATE JAR コマンドを実行してインポートするか、または管理ツールの [Extension Management] ダイアログからインポートした jar ファイルのリストを表示します。

  • LIST MAPS は、simple 型または i18n 型のマップのリストを表示します (「 マップの定義 」を参照)。

  • LIST OPERATORS は、特定のデータ型 (intdoublefloattext など) に対して適用可能な演算子のリストを表示します。

  • LIST POLICIES は、カスタムポリシーのリストを表示します。カスタムポリシーの説明、それらを作成する方法、および Virtual DataPort にインポートする方法については、開発者ガイドの「 カスタムポリシー 」を参照してください。

  • LIST RESOURCE_MANAGER { RULES | PLANS } は、Resource Manager で定義されているルールまたはプランに関する情報のリストを表示します。

  • LIST ROLES は、ロールのリストを表示します (「 ユーザーの管理 」を参照)。

  • LIST USERS は、ユーザーのロールのリストを表示します (「 ユーザーのロールの管理 」を参照)。

接続しているデータベース内のエレメント

  • LIST ASSOCIATIONS は、アソシエーションのリストを表示します (「 Associations 」を参照)。

  • LIST DATASOURCES は、指定したタイプのデータソースのリストを表示します (「 Virtual DataPort におけるパスの指定 」を参照)。

  • LIST LISTENERS JMS は、JMS リスナーのリストを表示します (「 JMS リスナーの定義 」を参照)。

  • LIST PROCEDURES は、Denodo のストアドプロシージャのリストを表示します。

  • LIST TYPES は、カタログ内のすべてのデータ型または特定のタイプ (配列またはレジスター) のデータ型のみを示します。

  • LIST VIEWS は、データベースの派生ビューのリストを表示します。

    ALL 句が指定されている場合、基本ビューと派生ビューのリストを返します。

    BASE 句が指定されている場合、基本ビューのリストを返します。

  • LIST VIEWSTATSUMMARIES は、コストベースの最適化で使用できる統計情報があるビューのリストを表示します (「 ビューの統計情報の定義 」を参照)。

  • LIST WEBSERVICES は、公開されている Web サービスのリストを表示します (「 Web サービスの公開 」を参照)。

  • LIST WIDGETS は、公開されているウィジェットのリストを表示します (「 ウィジェットの公開 」を参照)。

  • LIST WRAPPERS は、指定したタイプのラッパーのリストを表示します (「 ラッパーとデータソースの生成 」を参照)。

LIST ステートメントの構文
LIST ASSOCIATIONS [ <viewName:identifier> ] [ ON <database:identifier> ]
LIST DATABASES [ LDAP ]
LIST DATASOURCES <datasource type> [ ON <database:identifier> ]
LIST FUNCTIONS
LIST FUNCTIONS CUSTOM
LIST I18NS
LIST JARS
LIST LISTENERS JMS [ ON <database:identifier> ]
LIST MAPS I18N
LIST MAPS SIMPLE [ ON <database:identifier> ]
LIST OPERATORS [ <type:identifier> ]
LIST POLICIES
LIST PROCEDURES
LIST RESOURCE_MANAGER [ RULES | PLANS ]
LIST ROLES
LIST TYPES [ ARRAY | REGISTER ] [ ON <database:identifier> ]
LIST USERS
LIST VIEWS [ BASE | ALL ] [ ON <database:identifier> ]
LIST VIEWSTATSUMMARIES [ ON <database:identifier> ]
LIST WEBSERVICES [ ON <database:identifier> ]
LIST WIDGETS [ ON <database:identifier> ]
LIST WRAPPERS <wrapper type> [ ON <database:identifier> ]

<datasource type> ::=
    CUSTOM | DF | ESSBASE | JDBC | JSON | LDAP | ODBC | SALESFORCE | SAPERP
  | SAPBWBAPI | WS | XML

<wrapper type> ::=
  <datasource type> | ITP

たとえば、既存のデータベースのリストを表示するには、以下のステートメントを実行します。

LIST DATABASES;

i18n 型のマップのリストを表示するには、以下のステートメントを使用します。

LIST MAPS I18N;

サポートデータベースの JDBC データソースのリストを表示するには、以下のステートメントを使用します。

LIST DATASOURCES JDBC on support;