マテリアライズドテーブル

Virtual DataPort の マテリアライズドテーブル は、特殊なタイプの基本ビューです。このビューのデータは、外部データソースではなく、データがキャッシュされるデータベースに格納されます。他のタイプのビューとは異なり、そのスキーマとデータは Virtual DataPort から完全に管理されます。

以下のセクションでは、マテリアライズドテーブルの作成および削除の方法と、マテリアライズドテーブルにデータを挿入する方法について説明します。マテリアライズドテーブルには行を挿入できますが、行の削除と更新はできません。

注釈

マテリアライズドテーブルを作成する前に、キャッシュエンジンを有効にします。そのためには、管理ガイドの「 キャッシュの構成 」で説明している手順に従います。