SOAP および REST Web サービスのデプロイおよびエクスポート

Web サービスをデプロイ、再デプロイ、およびアンデプロイするためのステートメントは、REST と SOAP の各 Web サービスで同じです。使用するステートメントは、 DEPLOY WEBSERVICEREDEPLOY WEBSERVICE 、および UNDEPLOY WEBSERVICE です。

外部 J2EE Web コンテナーにサービスをデプロイする場合、 EXPORT WAR FROM WEBSERVICE ステートメントを実行して、 WEBSERVICE パラメーターで指定された Web サービスが含まれる war ファイルを生成します。ファイル名は、 NAME パラメーターで指定します。

SOAP Web サービスの WSDL ファイルを生成するには、 EXPORT WSDL FROM WEBSERVICE ステートメントを実行します。出力ファイル名は、 NAME パラメーターで指定した名前と同じです。

war ファイルと wsdl ファイルにはどちらも、 <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/webapps/export ディレクトリまたは URL http://localhost:9090/export からアクセスできます。

DEPLOY、REDEPLOY、UNDEPLOY、EXPORT WAR、および EXPORT WSDL ステートメントの構文
DEPLOY WEBSERVICE <name:identifier>
[
    LOGIN = <literal>
    PASSWORD = <literal> [ ENCRYPTED ]
]

REDEPLOY WEBSERVICE <name:identifier>
[
    LOGIN = <literal>
    PASSWORD = <literal> [ ENCRYPTED ] ]

UNDEPLOY [IF EXISTS] WEBSERVICE <name:identifier>

EXPORT WAR FROM WEBSERVICE <name:identifier>
    NAME = <name:literal>
    URI = <literal>
    LOGIN = <literal>
    PASSWORD = <literal> [ ENCRYPTED ]
    [ SAMLBASEURL = <SAML 2.0 base URL:literal> ]

EXPORT WSDL FROM WEBSERVICE <name:identifier>
    NAME = <name:literal>

LOGIN パラメーターおよび PASSWORD パラメーターは、Web サービスが

Virtual DataPort サーバーとのコネクションを開いてクエリを実行するために使用する資格情報です。

DEPLOY WEBSERVICE ステートメントに LOGIN および PASSWORD の各パラメーターが指定されていない場合、Web サービスはこのステートメントを実行するユーザーの資格情報を使用します。

REDEPLOY WEBSERVICE ステートメントに LOGIN および PASSWORD の各パラメーターが指定されていない場合、Web サービスは、最初にデプロイされたときと同じ資格情報を使用します。たとえば、サービスがユーザー「scott」によってデプロイされ、その後、ユーザー「bruce」が LOGIN および PASSWORD パラメーターを追加せずに REDEPLOY WEBSERVICE を実行した場合、サービスは引き続きユーザー「scott」の資格情報を使用します。

Web サービスによって使用される資格情報は、専用の構成ファイルに格納されます。そのため、Web サービスによって使用されるユーザーが削除されたか、またはそのパスワードが変更された場合、Web サービスを再デプロイする必要があります。