Web サービスの公開

Virtual DataPort では、JDBC インターフェイスまたは ODBC インターフェイスを使用できない外部アプリケーションが Virtual DataPort からデータを取得できるようにするために、ビューを Web サービスとして公開できます。

これらの Web サービスを、Denodo Platform に組み込まれている Web サービスコンテナーにデプロイしたり、 war ファイルを生成してそのファイルを外部の J2EE アプリケーションサーバーにデプロイしたりすることができます。

Virtual DataPort には、以下の 2 種類の Web サービスがあります。

  • SOAP Web サービス: 呼び出されると、サービスとして特定の VQL クエリをビューに対して実行する、一連の操作。

  • REST Web サービス: 一連のビューとアソシエーション。REST Web サービスでは、これらのビューに対する操作を定義しません。代わりに、このサービスは Denodo RESTful Web サービスと同じ RESTful アプローチに従います (管理ガイドの「 RESTful Web サービス 」を参照)。これらの Web サービスは、以下の 4 つの異なるデータ表現を提供します。

    • HTML

    • XML

    • JSON

    • RSS

2 つの種類の主な違いは、SOAP Web サービスが「操作指向」であるのに対して、REST Web サービスは「リソース指向」であることです。

どちらの種類でも、ユーザーのアイデンティティを検証するためにいくつかの認証方法が提供されています (「 コネクションパラメーター 」を参照)。

ここでは、VQL ステートメントを使用して SOAP および REST Web サービスを作成およびデプロイする方法について説明します。

注釈

新しい Web サービスを定義するには、Virtual DataPort Administration Tool を使用することを 強く お勧めします (「管理ガイドの「 Publication of Web services 」を参照)。これは、 CREATE REST WEBSERVICE ステートメントおよび CREATE SOAP WEBSERVICE ステートメントの構文が非常に複雑であるためです。